willforce ―高専を卒業した男たち―

高専卒の4人が編入や日常ついて書きます

スノボーボボーボボ

スノボから帰ってきました。
身体バキバキで今日は一日中ベットに横たわっていました。
復活したらTOEICの勉強します。。
最近の息抜きブームはマインスイーパーから将棋とオセロに移行してます(´_ゝ`)

4月からは研究室に配属されるので、クラスの人達とかかわることが少なくなるのが寂しいです。
入学当時から掲げていた、卒業しても遊べる仲の友達を作るというのは達成できた気がします。
そこには文系の友達もいて、総合大学に来た甲斐はあったと思います。

さて、先ほども述べたように4月から研究室に配属されるわけですが、
阪大応化では毎年学生によって研究室の決め方を決めます。なので成績で決める年もあれば、じゃんけんで決める年もあります。
今年は研究室の定員のうち半分を成績、もう半分をじゃんけんで決めることになっています。
成績枠は、専門科目のうち成績の良い25科目を選択し、Sが4点、Aが3点、Bが2点、Cが1点の100点満点で競います。
ちなみに噂によると100点満点の人は5名いるかいないか、くらいらしいです。
この決定法は後になって問題がでないように、2回の段階で決定されていました。
編入生は入学時に認められる単位はGPAとして換算されず、3回の講義をすべて合計しても25科目ありません。
このために編入生の待遇が今問題になっています。
昨年は応化に編入生がいなかったため、考慮されていなかったんですねー()
結局あやふやなまま春休み突入なので心配です。。
一応毎年、誰がどこの研究室を希望してるかをリアルタイムに表示するために、Excelファイルをクラウドにアップしておくことで、話合いがスムーズに進行するようにしているらしいです。
まあ穏便に行きたいとこに行けるといいですね。

これからは研究室生活とか趣味とかを気ままに綴っていけたらなーと思ってます。
では。

スポンサーサイト

PageTop

GPAボクシング

どうも,気づくと椅子で寝てることが多いかずのこです.

現在,研究室見学期間です.
北大の応化はこの時期ですね.

火曜日 研究室紹介(木の椅子に計5時間ほど座りっぱなし……)
水曜日 見学
木曜日 見学
金曜日 希望提出締め切り

下調べ無しだとバタバタ忙しい事になるでしょうね.
僕は前々からちまちま見学していたので,やることがなくなって暇です.
もう希望は固まったので,明日は第一希望の研究室に最終確認に行きます.

第二,第三希望は今日見て決めました.
まさかの協力講座です.変人ですね.
学生だけで非公式に行った希望調査のときは,協力講座を第一にしていたし.
勝手に変えると顰蹙を買うかもしれませんね.
もういいです.誠心誠意謝り倒します.
第二にした講座の研究室は,授業での先生がいい人そうでした.
内容も嫌いじゃないですしね.

応化の研究室配属は完全成績制です.
希望を提出して,後は移行点(GPAとは少し違う持ち点)で上から採られます.
更に,成績は相対評価がほとんどですので,高度な情報戦です.
出し抜き合い.割りと殺伐とした感じですね.
願わくば仲の良いグループの皆が希望通り行けば,って皆思ってます.

注意したいのが,編入生は2年次は全て3で通ったことになります.
大学生活を謳歌して勉強は後でいいやって人にはいい制度です.
優秀な人にとってはいわれのない足枷です.
超人気のところを希望した時には不安になるので,注意した方がいいですね.

個人的に,完全成績制はどうなんだろって感じます.
研究室配属前に皆で話しあえばいいのにって思います.
70-80人いるからって,全員と一気に話すわけじゃないのに.
半分が第1希望で半分が第15希望とか悲しいし,軋轢が生まれるのは目に見えてます.
話し合ってダメなら成績で決めればいいような気がします.
まぁ,そーゆー世界じゃないんでしょうね.仕方ない.
話し合いだと口の上手さや仲良しの談合とかが生まれるかもですし,
応化みたいなクラスだと向かないんでしょうねきっと.

なお,希望は全研究室に順位をつけて提出です.
24もあるので適当になります.
成績が悪いと第15とかあるらしいので,怖い人はちゃんと選びましょう.

行きたいところに行けるといいなぁ.
僕は移行点3.00-3.10の間です.
選ばなきゃ選べる域ですので,希望通りになるよう祈っときます.
ではでは.

PageTop

後からしか悔いれませんよ,物理的に

どうも,初めての北海道の冬が暖冬で複雑なかずのこです.

全く更新してませんでしたね.アハハ
周りの人を巻き込んでブログ始めただけはありました.
先見の明().

遂にテストが(1週間前に)終了しました.
今回は選択をあまりとっていなかったので幾分楽でしたね,幾分.
この時期にもなると,クラスの中で誰がどんな立ち位置なのかが明らかになってきます.
僕の他に編入生が2人いるのですが,A高専出身の子がまぁ優秀なんですよ.
得意なものは誰でも解けますが,その子は苦手なものでも解く.
強いったらないですよね.
絶対過去問解くマンになってたのは正直ウケたけど.
そのあとのテストおつかれホルモン焼き肉はめちゃくちゃ楽しかったので,もうテストの苦しさは忘れました.
編入生3人にちゃんとキャラがつき始めて安心したテスト期間でした.

テストが終わってからは研究室に自主見学に行っていました.
実は来週に2日間公的な研究室見学があるのですが,
2日でまわりきれるか不安になって,皆何かに駆られるように見学しまくってました
先輩いわく「いやいや,時間余るよ」とのことなので無駄に焦っただけでしたが.

色々行けば行くだけ気持ちが揺らぎますね.
先生で決めるか,研究で決めるか,うーん.
前は先生で決めるべきっていう絶対の自信があったんですが,今はないですね.
地雷だけ避けときゃ大丈夫でしょ,くらいになりました.

これは僕らが勝手に言ってるだけですが,
北大応化は闇が深いので気をつけてくださいね★

話を戻して,研究室選びの物差しですが,
今年まぁまぁ辛かったっぽい先輩いわく
先生テーマで選んだほうがいいよ……」
とのことでした.結局は両方大事なんですね.

実は恥ずかしい話,高専の頃の研究に未練があるんですよね.ない人のほうが少ないでしょうけど.
本当にそれが自分に合っているのかを見極めるために3年はかかるらしいので,続きやっちゃおうかな……
なので今の第一希望はイオン液体です.

次点でMD(分子動力学)ですね.これは使えると今後絶対に役に立つはず.
ただ,量子計算を趣味で回している同級生いわく
「計算資源さえあれば,MDは独学でできるよ」
とのことなので,自分のケツ叩いて勉強すればいいかとも思ってます.
が,どうせしないのが目に見えてます.先見の明()

とりあえず来週の公的見学ではっきりさせて,希望の研究室に行けるように祈るのみです.
3年で一番初めのテストで寝坊(泣)したせいで,GPA低いので.
新生活に浮かれず,きちんとした生活リズムを刻みましょう.
ではでは.

PageTop