willforce ―高専を卒業した男たち―

高専卒の4人が編入や日常ついて書きます

ブラック実験

忙しくて全然更新できてませんでした。
ぽんたろうです。
やっと実験が終わって落ち着きました。
これから水、木は全休ですドヤー
前期の分析実験は楽だったのですが後期の有機実験は本当に忙しかったです。
実験内容としては、ラジカルブロモ化、SN2、Grignard、アルドール縮合など教科書で習った基本的な反応をやります。
高専の有機実験はポリマー作ったりメチルオレンジ作ったりする実験だったので、ほとんど初めての実験でした。
基本的な反応でも意外と手間がかかって、収率も低く、有機実験の難しさがわかりました。
皆色々ハプニングがあって楽しみながら実験しました。毎回皆と生成物の色が違う友人がいたり、三ツ口フラスコ内部の圧があがって栓をふっ飛ばしたり、中間生成物を全部オイルバスに落としてオイルバス中で謎の錯体が形成したり、ヒーターをバスに入れ忘れてて床を焦がしたりw
只、1限から実験が始まって、終わったら19時とかで、めっちゃ長いです。
更に、創成型実験と言って、5人程度のグループで、世の中でまだ合成されていないそこそこ複雑な分子の最適合成経路を考える実験があるのですがこれが大変でした。例えばこんなの↓(一応ちょっと構造変えてます)

図1

化合物は班ごとに与えられて、最適合成経路の詳しい実験手順、NMR、IRスペクトルの予想、合成にかかる試薬の値段、収率を纏めて、実験最終日に各班20分のプレゼンを行います。
創成型実験の大変なところは創成型実験の準備にかかる時間は授業時間に含まれていないところです。そのため、有機実験が終わったあとに班のメンバーで集まり、帰宅したら日をまたいでいた、なんてざらにありました。これで実験が2単位は少なすぎる。ブラックです()
そのぶん班のメンバーとは仲良くなれましたし、文献を調べる力、ケミドロの使い方、プレゼン力を鍛えるいい機会だったと思います。ブラックですが。
内部生はPPを使ってスライドを作ったり、人前でプレゼンしたことない人がほとんどいません。他の編入生をみても皆班のなかで頼りにされていました。人前で発表する機会が多いのは高専ならではなので、こういうのも編入の利点なのかなーと思いました。
では、忘年会シーズンなので倹約生活をおくっていこうと思います。

スポンサーサイト

PageTop

i'm lovin' it

どうも,これから夜勤でバイト先への不満爆発なかずのこです.

お久しぶりです.言い出しっぺが更新しないなんてダメダメですね.
まぁ,こうなるとわかっててラボメン誘ったんですが.

先週,遂に学生実験最後の報告書を提出しました.
まさかまた学生実験とおさらばすることになるとは……
わけがわからないですね.
特に今年は例年よりも忙しかったようです.
というのも,来年から4学期制になるらしく,それを見越して予定を詰めたとのこと.
なので,読者の方の中に北大編入が決まった方やそのお友達の方がいれば覚えておいて下さい.

来年度から北大工学部は4学期制となります.

2学期制であれば中間なしで期末のみの教科もありましたが,もうなくなると思います.
というか,全教科が中間も期末も実施するといった方が正しいでしょうか.
やらなければならない勉強は変わらないでしょうし,今まで1学期でやっていたことを2学期分に分割するだけだと思います.
なので,授業内容の大幅な修正はなく,今までどおり授業して,
今までより試験が多くなる
ということになるでしょうね.
がんばれ後輩.

そこで,とりあえず僕からアドバイスを1つ.
アルバイトはよく選べよ!
迷ったらマクドナルドにしとけよ!
せっかく札幌のど真ん中に行くわけですから,キャンパスライフを充実させるに越したことはありません.
しかしそのためにはお金が必要です.
幸い,北大のカリキュラムは他の旧帝大より楽との噂がありますし,実際クラスメートもバイトしていない人のほうが少ないです.
ただ,学業優先ですし,僕個人の意見としては
金稼ぐ暇があったら1日6-8時間寝て授業ちゃんと聴いた方が結局時間効率がいい
って感じです.
僕は時間効率を時給だけで判断してコンビニの夜勤を土曜日だけ入れていましたが,最近仕事を覚えてきて他のシフトも入らないかと言われまくってます.今日も夜勤ですしね.つらい.
マクドナルトは,ほとんどの店では1,2週間ごとにシフト希望を提出するので,予定が組みやすいです.
まぁ,僕は実際に働いたことないので断言はできませんが,コンビニよりはいいと思います.

学生生活についての話はまた追い追いしていくので,今日はこの辺で.
ではでは.

PageTop