willforce ―高専を卒業した男たち―

高専卒の4人が編入や日常ついて書きます

単位認定

ぽんたろうです。
入寮が決定しました。GW明けから寮生活です。
先日下見に行きましたがなかなか閑静な住宅街に位置しており住みやすそうでした。
寮と言っても外部の人を連れ込んでも良いらしく、下宿と何ら変わらない生活が送れそうです。
今回は単位認定や講義について書いていきます。
まず単位認定についてですが、単位は一般科目はすべて認定、専門科目は37単位認められました。
卒業までに必要な専門科目の単位が83単位(そのうち10単位が卒研なので実質73単位)なのでかなり認定されたのではないでしょうか。
他の編入生に聞いた感じでは、応用化学科目は他のコースや他学科と比較しても認定単位数が多いようです。
応用化学科目の編入生は皆37単位認定されていました。高専で受けた科目と対応する科目がなくてもゴリ押しで認定されます。
ある認定された単位についてですが、僕は高専時代に受講した反応工学が対応する科目として認定されたのに対し、友達はインターンシップが対応する科目として認定されました。
ただし通常は2回生で受講する物理化学Ⅰ、物理化学Ⅱの単位が認定されないため、これらは2回生とともに受講する必要があります。
これらの講義の内容は高専で習っていない範囲であり、かつ院試には必須であるため、しっかり勉強しないといけないそうです。
講義についてですが、まず感じたのが、講義が非常にわかりやすいです。今までおろそかにしていた場所が補われていく感覚があります。レベル的にはついていけないことはないですが、受験勉強してたのでついていけてるといった感じです。
また、高専では機器の使い方、データの見方など、実用的なことをメインに学んできましたが、今はX線構造解析の理論を学習する講義と、NMRの理論を学習する講義をそれぞれ半期をかけて履修しています。
こういった理論の学習は数式がメインとなりますが、新鮮で結構楽しいです。内部生は理論は学んでいるが、機器を使用したことはなく、理解を深めるのが大変そうです。
逆に機器を使用した経験のある編入生は理解を深めやすく、こういうのが高専生の利点かなと思いました。
実験は週一でレポートは手書きです。課題も高専と変わらないぐらいあります。
僕はもうGW開始してます。実家でのんびり課題でもしながら過ごします。

スポンサーサイト

PageTop

必修科目

どーも、マンホールです。

遅くなってすみません!
各課程の「2年次の必修科目表」が完成しましたので公開いたします!








ホントにこんなことしちゃっていいのかしら…まあいいか(笑)
消せって言われたら黙ってすぐ消しますし…(-_-;)

大事なことを言っておきます。
これは信州大学繊維学部全課程の「2年次の」必修科目です。
高専や大学で取った単位はこれらの科目の単位に読み替えられます。
詳しくは「単位認定」の回でお話しましたね。
最悪の場合、読み替えてもらえなかった科目の授業と3年次の授業の時間が
かぶってしまうこともあります。なので、できる限り単位認定してもらえるように
名前的に、シラバス的に近いものを編入する前に履修しておくと楽です。
信州大学のページから「在学生の方へ」という項目を押して、
少し下に行くと「シラバス」というのがあります。そこで学部を選び、
「授業名」という項目に科目名を打ち込むとシラバスが出てきます。
これと、高専および大学のシラバスと見比べて履修する科目を考えるといいと思います。
うまく活用してくださいね( ̄ヘ ̄ゞ

ではでは、今回はこの辺で。
修己寮(生活編)はもうしばらくお待ちくださいo(_ _ )o

PageTop

全力で人を叩いていいサークル

どうも、寝坊で朝が抜けつつあるかずのこです。

北大は水産を除くすべての学部が1つのキャンパスに集まっています。
なので1つのサークルにいろんな学部の学生いるということがザラにあります。
うまくサークルを選べばとても広い人脈を築くことができます。

僕が入ったサークルには縁のない話っぽいですがね!

ディスっているわけではなく、高専の頃の総美と同じにおいを感じるんです。
絶対にウェーイwwww系ではないでしょうし。
監督は世界大会制覇経験もある凄腕の方ですし。

小太刀護身道
正式にはそう呼ばれるそうです。
術ではなく道ですので精神の鍛錬が大きな目的の1つになっています。
そして護身道ですので相手から身を護ることを想定しています。
小太刀は竹刀などに比べると傘などの日常的に扱うものの長さに近いです。
僕はこれを学ぶためのサークルに入会したのです。

ストレス発散のために^^

小太刀は竹ではなくエアーソフト剣。
基本的に全身有効。
型にはまる必要なし(というかみんなほぼ我流)。
中二病時代に思い描いていたことを現実の人に叩き込めるわけですよ。
合法的に人を全力でたたけるスポーツ、イィンデス! クゥー!

応化は週に1,2個レポートがあるのでストレスが溜まるんですよ。
なのでどんどん発散していこうと思ってます。

今後は
「北海道大学スポーツチャンバラ同好会会員」
のかずのことしてもよろしくお願いしますね。
ではでは。

PageTop

カレーのお店 コロンボ

どうも、ひとり酒大好きなかずのこです。

札幌での休日は楽しいですね。
てかもう都会の休日楽しい。
田舎から出てくるとなんでも楽しく感じます。

特にごはん。
食べログで「札幌」と調べるとお店がもうイッパイ。
毎週どこ行こうか迷っちゃいます。

今週はカレーを食べに行きました。
地下鉄さっぽろ駅のすぐ近く。

カレーのお店 コロンボ
「安くてガッツリ」で検索して実際に行ってみました。


コロンボの看板 


ちょっとしたグルメ街にありました。
全席カウンター。
ひとり飯が捗ります。

とりあえず日替わりカレーを注文。
今日はチキンカツカレーだそうで。
880円

そんな安いか!?
ふつーじゃね!?

と思っていたらカレーが出てまいりました。

コロンボのチキンカツカレー 

カツがでかい!

そして玉子も入ってたのか……

まぁまぁ多そうだなこれ。
というわけで実食。

うまーーーーーい!!

一言でいうと
「カレーにウスターソースを入れた感じ」
え、まずそう?
いや、ライスが進む味なんですって。
そう、ほんとにライスが進む。
進み過ぎて途中でなくなっちゃいました。
どうしようか迷ってたら店員さんが一言。

「ルーお注ぎいたしましょうか?」

ルーお注ぎいたしましょうか!?

ここなんですね。
ルーお替り自由なんですよ。
しかも300円プラスすればご飯もお替り自由になるんですよ。

しかも、食後には……

コロンボのバニラアイス 

バニラアイスが出てくるんですねぇ。
バニラアイス込でのお値段だったわけです。
うん、そりゃガッツリの検索でヒットするわけだわ。

最安でタマゴカレー600円です。
ルーお替り自由で600円。
ご飯お替りし放題を乗せても900円。

ガッツリ食べたい方、ぜひ「コロンボ」へ。
ではでは。

PageTop

学生会館って要は寮ですよね

どうも、新生活なのに寝不足なかずのこです。

いいですね、学生会館って。
僕今北大の近くの学生会館に入ってるんですが、
ご飯を作らなくていいのは大きいですね。
自分の時間が多く取れるので、ドラマ見まくってます。

料理作りが趣味な人は自炊していいと思いますが、
そうでない理系大学生、特に編入生には寮や学生会館をオススメします。
キャンパスライフを3年間かけて楽しむところを1年間で楽しむんですから、
やりたいことから予定に入れていく方がいいですよね。

僕が入っている学生会館は桑園と呼ばれる地域にあります。
静かでいいですよ。
札幌駅周辺の都会な感じもいいんですが、こっちは静かで過ごしやすいです。
大きなイオンも近いし、自転車があれば繁華街へもすぐ行けます。

行きやすすぎてレイジブルー民になりつつありますがね。
ではでは。

PageTop

修己寮 (新歓編)

どーも。マンホールです。

やっと新歓行事の嵐も一段落したので、今回は寮のお話を。
長くなるので、今回はとりあえず「新入寮生歓迎行事」略して「新歓行事」
についてのお話をします。寮の部屋や生活についてはまた次回お話しますね。


僕は繊維学部の学生寮、「修己寮」に入りました。
突然ですが、「修己寮」って何て読むか分かりますか?

 
正解は「しゅうりょう」です。

僕はずっと「しゅうこりょう」だと思ってました(・・;)

以下のページに修己寮についてのことや寮の写真が載っていますので、
とりあえず見てみるといいと思います。
http://www7.atwiki.jp/shuuki/pages/34.html

ここではもうちょっと詳しめの情報を書いていこうと思います。

とりあえず、今年度の新歓行事の予定表を載せておきますね。


 

荷物搬入可能日は、布団や机などの大きな家具を寮に郵送することができる期間です。
直接寮に持って行っても大丈夫です。ただし、「冷蔵庫」、「洗濯機」、「電子レンジ」などの
電気容量の大きい電化製品、また火事の原因になるため「石油ストーブ」の持ち込みは
禁止されていますので、これらを郵送した場合は送り返されるそうです(笑)

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、トースター等は各ラウンジに共用のものがありますので、
それで十分足ります。あと、ストーブは各部屋にもありますので大丈夫です。

入寮可能日は、その名の通り入寮できる日です、この日より前の入寮は卒業生の関係で
空き部屋がありません。逆にこの日以降は新歓行事に影響が出るので
止めてほしいとのこと。どうしても入寮可能日に入寮するのが困難な場合は修己寮に
電話して事情を話せば、何とかしてくれるかもしれません。

 
さて、入寮したら、新歓行事の始まりです!

この表には載っていないのですが、まず入寮したその日(入寮可能日のどちらか)に、
「役員会」という役職の寮生8人(場合によっては増減する)に挨拶し、役職と顔と名前を
覚える「挨拶まわり」というのがあります。修己寮は自治寮なので、寮の運営を寮生自身が
行っています。この運営に主に関わっているのが「役員会」という人たちで、8つの役職があり、
基本的に一人一役やっています。

簡単にやり方を言っておきます。

役員会の人たちはある一つの部屋に集まっていますので、その部屋に入って一人ずつに
話しかけ、自己紹介して、少しお話して、チェックシートに一言コメントとサインをもらう、
っていう行事です。くっそ面倒くさいです。

さらに「挨拶まわり」は、ある定型文に従って喋らないといけません。
もしちょっとでも間違えたら、「やり直せ!」と言われて部屋から追い出されます。
くっそ面倒くさいです(笑)

それに役員会の人たちは、ビックリするぐらい怖いオーラを放っています。
不良かと思うくらい無愛想で怖い表情をしています。

が、全て演技です(笑) 

なのでビビる必要はまったくありません。ご安心を。
詳しくは入寮した時に、同じラウンジの在寮生の先輩に教えてもらえますので、
ご安心ください。

 
そもそもなぜこんなことをするのかって?

それを言っちゃあおしまいよ(笑)

新歓行事のほとんどに深い意味はありません。先輩曰はく、
「親睦を深める行事or修己寮の伝統行事」だそうだ。この挨拶まわりは後者ですね(´・ω・`)

 
次にあるのは「顔見せ夕食会」です。これは新入寮生と在寮生の顔合わせ兼お食事会です。
新入寮生にはちょっとした自己紹介をしてもらうだけで、あとは楽しくお食事会をして、
他のラウンジの在寮生の人とお話してワイワイ過ごします。気楽に行って大丈夫です!
こちらは前者の方なので、いろんな人とお話して仲良くなってください。

あと、この顔見せ夕食会ではお酒を飲む機会がありますが、ちゃんと「飲めません!」って断れば
無理に飲まされることはないので、お酒がダメな人も安心してください。
他の行事でもお酒が出てくる場面がありますが、強制されることはないです。
ちなみに僕は凄くお酒に弱いので、今まで一滴も飲んでいません (笑)


お次は新歓行事で最もキツい行事、「役員会ストーム」です。

これも修己寮の伝統行事らしいので、常識で考えず、疑問に思う心を捨てましょう。
あと、他にもいろいろ捨てましょう(笑)

簡単に言うと、まず役員会の人たちが自分のいるラウンジに来ます。
そして役員会の人たちに自己紹介、自分のラウンジの在寮生紹介、
役員会の人たちの役職と名前を当てるクイズを、
喉がぶっ壊れるくらいの大声で叫びます。本気で叫びます。
これも、定型文にしたがって叫びます。ちょっとでも間違えたり、声が小さかったりすると
やり直しさせられ、2、3回間違えると別のラウンジへ役員会の人達が行ってしまうので、
再び自分のラウンジに回ってくるまでひたすら待つしかありません。
ちなみに、クリアしない限り終わりませんし、眠れません☆

僕はこれで喉をやられました。次の日はまともに声が出ず、完全に回復したのは4日後でした(笑)
とにかくしっかり息継ぎして、とにかく大声で叫びましょう。
ね、「いろいろ捨てましょう」って言った意味が分かってきたでしょ?(笑)

でもこの役員会ストームが終われば、やっと役員会の人たちが素の自分に戻ります。
役員会の人達はフッツーの人です。優しいし面白いし、ほんとにいい人ばかりです。
だからビビらないで、冷静にやり切りましょう。大丈夫です。
僕にできたんですもの、皆さんにもきっとできます。
同じラウンジの在寮生たちも親切に対策を教えてくれるので、心配いりません。


「新歓企画」は、今年は寮生皆でドッジボールをやりました。
これはその年の新歓企画委員の寮生が決めることなので、今年はドッジボールでしたが
来年はどうなるか分かりません。ちなみに2年前はバレーボール大会だったそうです。
素に戻った役員会の人たちも参加するので、一緒にはしゃいでください(^-^)


次は「紹介ストーム」です。「ストーム」という名前ですが、
こちらは一切叫ぶ必要はありません。ただ、他のラウンジの人たちと遊んで
仲良くなるだけの行事です。今年はUNOをしたり、ツイスターゲームをしたり、
早食い競争したり、二人羽織をしたり、とても楽しかったです。

 
そして次は超面倒くさい新歓行事、「寮歌確認」です。
これは、修己寮に残る伝統的な(?)寮歌を覚えて歌う、というテストです。

何が面倒くさいって…

何で寮歌が何曲もあるんだよ!!

ということで、歌3つと寮歌前誓(歌の前の文章)を覚えてテストします(笑)
もちろん3日にすべてのテストをするわけではなく、3日、5日、7日に分けて、
それぞれで違う寮歌のテストがありました。
テストの評価するのは先輩寮生です。優しい先輩ならちょっとミスっても合格にしてくれますが、
厳しい先輩はほんとに厳しいです。これもクリアするまで終われません。
予備日は、あまりにも合格が遅すぎる人のための猶予、および
次の寮歌の練習期間ということになります。


そして今日、新歓最後の行事、「新歓コンパ」がありました。
まず寮長の挨拶があって、その後入寮証書の授与があります。
これでやっと「修己寮生」になれます☆
証書を受け取った後、新入寮生は強制的に「一発芸」をさせられます(笑)
別に受けを狙う必要はありません。スベっても大丈夫です☆
これが終わった後、在寮生や役員会の人に酒注ぎ&歓談に廻ります。
皆ほんとに皆面白く、優しい人ばかりなので気楽に楽しめました。
最後にこれまでテストしてきた寮歌を皆で歌って終わりです。
新歓コンパが終わった後「二次会」のカラオケがありましたので、
参加したい人はぜひ参加するといいと思います。
この新歓コンパの後の予備日は…よく分かりません(笑)

 
これで、長い長い新歓期間も終わりです!晴れて自由の身です!やったね☆

 
正直言って「役員会ストーム」とか「寮歌確認」とか、面倒くさそうで大変そうな行事が山盛りで、
僕も初めは「修己寮…どうしようかなあ…」と悩んでいました。
でも実際入ってみると、ほんとに皆優しくいい人たちなので、この新歓期間さえ乗り切れば
とても楽しい日々を過ごせると思います!

 
とりあえず、新歓行事についてはこんな感じです。
生活面のことについてはまた次回書きますね☆

ほんじゃ、まったね~(^_^)/~


PageTop

専攻科の毛鉤

どうも、久々の毛鉤です。

4人の中で唯一、専攻科に進みました。
あと2年間同じ学校で過ごします。

本科の5年間と合わせて計7年間も過ごすことになり、
小学校(6年間)よりも長くなるんですよね。

まぁ、大学に編入した3人に負けないくらい有意義な2年間にしていきたいです。

専攻科の授業風景としては、他学科から上がってきた専攻科生と合同になることもあり、
基礎を絡めた授業が多い感じです。

また、他学科の先生も、人柄が良く、授業が楽しかったですね。

ただ、一部の数学教師が6年目から本気を出すと噂されてます・・・



特別研究(卒業研究)

専攻科では、本科5年で行った卒業研究を引き継ぎつつ、
マンホールの研究内容と絡めていく予定です。
学会も積極的に行く予定で、ガンガン校外発表をしていきます。
ついでに日本各地を観光してきます。
あと、海外遠征も予定してます・・・英語できるかな(・_・;)


寮生活

専攻科2年の指導寮生が居ないので、私が最年長の指導寮生になってしまいました。
まぁ、最年長だからと言って特に何かあるとかそんなわけではありません。
去年、指導寮生で務め、今年は隠居している専攻科2年の先輩方と同じフロアなので、
特に威張ることもできませんし・・・威張る気なんて無いんですけど(笑)


専攻科卒業後は大学院に行くつもりでいます。目指す大学院はいくつか目星をつけてますが、
まだ決めていません。
決め次第報告したいです。



さて、今度は趣味の記事でもかこうかな

PageTop

アイデンティティ

無事に高専を卒業し、ついにぽんたろうは大学生になりました!
さすが総合大学、人が多い!
新入生は、大学院生含めて5000人以上、同伴の保護者もいるので大阪城ホールは満席でした。
そして今日は初講義でした!
講義やサークルについてはまた時間のあるときに書こうと思います。
今日は1限目に有機化学、2限目に分析化学実験の予定が、実験が休講となり10:20に下校となりました。
通学に90分かけて90分の授業を受けて、90分かけて帰宅しました。
やはり通学するのはしんどいですね。
サークルが22時までで、そこからご飯食べに行くと終電に間に合わないですからね。
そこで、、、、寮にはいることにしました!
と言っても入寮願を提出したところで、審査に通らなければ入寮できないのですが。
先日、寮生を追加募集していることを知りました。問い合わせてみると、編入生も対象とのこと。
大阪大学で寮があるのは文系学部が集中している豊中キャンパスと、外国語学部のある箕面キャンパスのみで、工学部のある吹田キャンパスにはありません。
しかし、留学生と混合の寮かつ、原付があれば吹田へのアクセスも悪くない箕面キャンパスは魅力的だったため入寮願をだしました。
自分の知る限り編入生で寮生の人は1人もいなく、箕面キャンパスは大半の寮生が外国語学部なため不安はいっぱいですが、高専時代5年間僻地の寮で暮らしていた経験をいかしていこうと思います()
うまくいけばGW明けから入寮です。

PageTop

こまけぇこたぁはいいんだよグリーンだよ

どうも、数年ぶりの自転車で割と疲れているかずのこです。
マンホールと更新がダブりやすいのは偶然です。

北国は寒いですね。
1、2か月くらい季節が逆行したような感覚です。
手袋とネックウォーマーがあると捗ります。

今日 (月曜) に担当の先生と単位認定の話をしてきました。
マンホールのような正式な発表はまだですが、

ちょーよゆーです

2年の講義を受けに行く必要なし。
30単位まで認めてもらえるんですが、その先生は何とかして入れ込んでくれました。
正直半分くらいしかかぶってない単位とかもありましたが、全然オッケー。
しかも秀優良可ではなく「合」扱いなので、赤点ギリギリでも満点でも関係なし。
3年次の成績で研究室配属を戦えるので、心機一転がんばればいいところに行けます。

それに編入の先輩もバイトやサークルに所属するくらいの余裕はあったそうなので、

北大で夢のキャンパスライフがあなたを待っていますよ♡

とか言ってぼこぼこにされるのは嫌なので今まで通りの努力を続けることになるかも。
また何かわかれば報告します。
ではでは。

PageTop

信大 単位認定

スマホをやめますか?
それとも信大をやめますか?


どーも、マンホールです。
4月4日、新聞にも取り上げられた信州大学の入学式がありました(笑)
これで晴れて大学生です。スマホを捨てる気はさらさらありませんが(笑)

4月1日には、3年次編入生向けのガイダンスがありました。
もちろん、単位認定のお話もありました。

ここで重大発表!

松本キャンパスへ単位を取りに行く必要はありません!

信州大学では、1年次は全員松本キャンパスで過ごし、繊維学部の人は2年次から
上田キャンパスへ移ります。1年次の必修科目の単位が取れていない場合、
2年次に進級しても松本キャンパスへ取りこぼした単位を取りに行かなくてはなりません。

3年次編入の人は、高専等で取った単位を信州大学の単位として認めてもらえます。
シラバス的に近いもの、科目の名前的に近いものは大学の単位に読み替えてもらえます。
僕の場合はこんな感じです。右側が高専で取った単位。左が大学の単位。
高専で取った単位の科目と、読み替えた単位数が書かれています。



例えば一番上の「環境と生活のかかわり」の2単位は、高専で取った
「環境と社会」の1単位と、「地域と文化Ⅳ」の1単位を合わせて2単位分として認定しますよ、
という意味になります。これが単位認定です。
そこで、もし今まで取った単位が1年次の必修科目の単位として認めてもらえなかった場合、
同じように単位を取りに松本まで通わなければならないことになります。

ところが!なんと信州大学の先生は、
1年次の必修単位を全て認定することを第一に考えて読み替えをしてくれました!
つまり、松本へ通う必要が無いように単位認定してくれたのです!
本当に助かった!片道1時間半の通学をする必要がなくなった!(笑)

…ん?でも1つだけ、「安全教育」っていう1年次の必修単位が認めてもらえてないんですが…
これは…まさか…松本まで…

行く必要はないんだな、それが!

この科目はDVDを見るだけで単位を認めてもらえるようになったらしく、
「上田キャンパスで上映すればいいので、松本まで行く必要なし」とのこと。
いや~、技術の進歩はありがたいね!(笑)

ということで、とりあえず松本まで行く必要はなさそうです。他の3年次編入生も
同じように単位認定してもらっていたので、恐らくどこの高専や大学から来た人でも
松本へ行かなくて済むように単位認定してもらえると思います。

ただ、2年次の必修単位を認めてもらえるかどうかは高専や大学、学科次第です。
僕の場合はすべて認めてもらえましたが、他の編入生は
「量子力学」が認めてもらえなかったり、「電磁気学」が認めてもらえなかったりしていました。
これを取るには、2年生達に混ざって授業を受ける必要があります。

ここで、繊維学部 化学・材料系 機能高分子学課程 2年次の必修科目をリストアップしておきます。

○電磁気学
○熱力学Ⅰ
○熱力学Ⅱ
○分析化学
○有機化学Ⅰ
○有機化学Ⅱ
○無機化学Ⅰ
○無機化学Ⅱ
○量子力学
○化学演習Ⅰ
○化学演習Ⅱ
○基礎科学実験Ⅰ
○基礎科学実験Ⅱ
○生物化学Ⅰ
○有機化学Ⅲ
○高分子物性Ⅰ

僕の場合、「電磁気学」は必修科目の「物理」と選択科目の「電気工学概論」で
認めてもらえました。意外と選択科目の単位を読み替えてもらっていたので、
高専や大学の選択科目でこのリストに挙げた科目に近いものがあるならば
取っておいて損はないでしょう。
大概の単位は認めてもらえます。なので、普通の3年生よりも1つか2つほど
多く科目を取るだけで大丈夫です。

ただし、これは機能高分子学課程の話です。他の系や課程になると変わってくるので、
それらについてはまた別に記事を書きます。また僕が持っているのは繊維学部のみの
情報ですので、他の学部についての単位の話は分かりません。ごめんなさい。

とりあえずはこんな感じです。
情報提供が遅くなってすみません。いろいろバタバタしていたので…(-_-;)


ではでは、今回はこの辺で!
他の系、課程については近いうちに書きますのでしばしお待ちをo(_ _ )o
じゃ、ばいばーい(^_^)/~


PageTop