willforce ―高専を卒業した男たち―

高専卒の4人が編入や日常ついて書きます

足も心もお大事に

どうも、片付けという名のゴミ捨てに追われるかずのこです。

前回の更新からいろいろありました。
少しずつ紹介していこうと思います。

学会。
横国で3日間にわたる長丁場でしたが、僕たちの発表は初日のみでした。
なので残り2日は遊びに行きましたー!!ε= \_○ノ ヒャッホーウ
本格中華は美味しかったです。
横浜、というか神奈川はどこに行ってもおしゃれでしたね。
田舎者には何でも輝いて見えましたよ。
学会はいい経験になりました。
ポスターでしたので数々の助言を頂きましたし。
自分が活用することはないでしょうけど。
1年間走ってきてよかったと思えました。
いろんな人にお世話になりました。
ここで言ったところでって感じですが、本当にありがとうございました。

卒業式。
眠かった。
泣かなかった。
涙でぬれるより、春風で心が乾いた感じでした。
アレルギーって、原因がコップにたまってきて、あふれたら発症して、それから先はずっとあふれるしかない感じらしいんです。
感情も同じなんですかね。
一度あふれると止まらない。
卒業式だけだとなかなかあふれないんですよね。
そのあと1人でいろいろ想像したりすると、たまってたものがどんどん膨らんできて、一気にあふれかえる。
泣くのはこれからなんでしょうね。
でも、会えないっていう実感は本当にないんです。
だってそんなことないでしょうし。
会う人は会いますよ。
現代はLINEもSkypeもfacebookもあるんですから。
なので、また会う日まで、ですね。

ところで、少し気になってこんな計算をしてみました。概算ですが
5 years * 365 days/year * 24 hours/day * 60 minutes/hour * 60 s/minute = 157680000 s
で、現代人の歩行速度は1.5 m/s (5.4 km/h) ですので
157680000 s * 1.5 m/s = 236520000 m = 263520 km
となります。
人間は生きている限り歩み続けるものですから、5年間でこれだけ歩いたと言っていいでしょう。
日本の海岸線すべてを合わせると約34000 kmらしいので、7周半以上できる計算になります。
それだけの距離のほとんどを高専で過ごしたのですから、縦横無尽でしょうね。
ですから、人それぞれ思い返す出来事に差はあれど、絶対に薄い思い出になんかなりません。

僕はこの5年間を大事に抱えて心にしまって、また新たな道を歩き始めます。
これからのかずのこを、willforceをよろしくお願いします。
ではでは。

スポンサーサイト

PageTop

遠慮なく笑おう

どーも、マンホールです。


さて皆さん。今日が何の日か、ご存知ですよね。
そうです、僕の人生に大きく関わる出来事があった日です。


早いものですね…もうあれから20年も経つわけですから…。






え?何の話って?






今日は僕の20歳の誕生日ですけど?(笑)


そう、あの東日本大震災と同じ日です。


正直、複雑な気持ちでした。
苦しんでいる方々がたくさんいる中、僕は誕生日で騒いでいいのか?って思っていました。

そこであることを考えました。
「被災したことのない人間が被災者のことを
考えた時、彼らの『心の傷』を理解できるか?」

僕は不可能だと思いました。

そもそも「被災した経験のない人間が、被災者のことを考える」という行為が
被災者に対して「失礼」に値するのではないかと思うのです。

僕が小学生だった頃のある日、友達数人と野球をしようという話になりました。
ところが、ある友達Aは「嫌だ」と言いました。
それでも僕はAと一緒に野球がしたかったので無理やり連れて行こうとしました。
僕「一緒に野球やろうぜ!」
A「嫌だ!ボールが怖い!」
僕「何が怖いんだよ!大丈夫だよ!」
A「顔を骨折したことがないお前に何が分かる!」
このAの言葉に、僕は何も言い返せませんでした。
Aは昔、野球ボールが顔面に当たって骨折した経験があったらしく、
それがトラウマになってボールへの恐怖心が消えないままでいたらしいのです。


僕はAの過去を知らないのに、無理やり彼を野球に連れて行こうとしました。
結果、Aを怒らせてしまうことになりました。
こんなことと一緒にしたら怒られるかもしれませんが、同じことだと思うんです。
「被災したことの無いお前たちに、俺たちの何が分かる!」って気持ちになると思うんです。

すみません、なんか上手く言葉に出来なくて…


まあ要するに、考えても仕方がないってことですよ。
だから僕は考え方を変えました。
「3月11日に消えた笑顔の分、俺が代わりに笑ってやる!!」
「意味が分からない上に、お前は何様だ!?」って話ですけど(笑)


今日は、日本で一番笑顔が少なくなる日ではないかと思います。
だからこそ、僕はその分笑おうと思います。


今日誕生日を迎える僕が笑わずして、誰が代わりに笑う?







3年前の3月11日、姉貴が僕に「誕生日おめでとうメール」を送ってきてくれました。
そのメールに書かれていたメッセージをここに書いて、記事を終わりたいと思います。



消える命もあれば生まれる命もあり。
毎日が誰かの命日で毎日が誰かの誕生日。
君とその周りの人は君の誕生日を優先すべき人。

遠慮なく笑おう。






PageTop

自爆スイッチとか 誤爆スイッチとか

どうも、1時に寝ることに焦燥感を感じるかずのこです。

やっと卒論が終わりました。
仮提出ですが、これで留年はないでしょう。
晴れて春休みじゃーい!

とは行かないんだなこれが。

最後の難関「学会」があるんですねー。
現在ポスター制作中です。
あーめんどくさい。
手描きでいいじゃん別に……ってなりますわなぁ。

しかも自分の中ではあんまり満足いく結果ではないんですよねぇ。
発表できる段階にないというか、
自分的にはこのままじゃダメなんですよね。
自分のポスターに自分でツッコミ入れられる時点でね、もう帰りたい。

でもまぁ、がんばりますよ。
僕の目的は道中の「相棒テラス」ですしおすし。
発表が終われば後の数日は「中華街」ですしね。
そっちの方が楽しみっすわ。
ではでは。

PageTop