willforce ―高専を卒業した男たち―

高専卒の4人が編入や日常ついて書きます

「心が亡くなる」と書くわけで

どうも、スウェットの有用性に気付いたかずのこです。

中間発表を終えて少しは落ち着くかと思っていたのですが、
そうもいきませんね。
なにせ高専祭が近づいているのですから。

今年はクラスでの企画や出店などがなく、
軽音部のライブもキャンセルしたので本当に暇です。
去年は茶道のお茶会なども開いて忙しかったのに……

ただ当日は暇でも、準備期間は今までで一番忙しいです。
私は「総合美術同好会」というものにも所属しており、
作品製作という悪魔に追われています。

……所属はしていますが、いつもは基本的に何もしていません。
絵も漫画も描けません。
美しい写真も撮れません。
流れるような文章も書けません。
要は頭数稼ぎなわけです。

そーゆー日頃のしわ寄せなのか、
はたまた5年生なりの責任感なのか、
……いや思い出づくりか。
最後の高専祭くらい胸張って配布できる作品を作りたいなぁと思い、
自分で自分を忙殺しています。


最近ふと考えるのですが、
僕の最後は「忙殺」で死にたいのです。
いや、まぁ忙殺はもともとそーゆー言葉ではないのですが。
「忙しいうちが華」なのなら、そのまま散りたいなぁと。
あと「忘殺」。こんな言葉ありませんが。
別にアルツハイマーで死にたいわけではなく、
いろんな人に忘れられていって、自分を労ることすら忘れ、
いずれ生き方すら忘れて、人知れず死にたいなぁと。
というわけで、理想の死に方は
「激務を淡々とこなし、仕事をしていることすら周囲の人から少しずつ忘れられ、
誰も見ていないところで吐血して死ぬ」
ってかんじですかね。


……何の話をしているのやら。
まぁまだまだ死ぬほど忙しくはないですね。
自我もありますし、3時間は絶対に寝られていますので。
この忙しさも高専祭が終わるまでの辛抱です。
なんとか完成させたいなぁ。
ではでは。

スポンサーサイト

PageTop

僕のゲーム人生 (パートⅣ)

どーも、マンホールです。

また長い間更新できませんでしたが、大丈夫です。ちゃんと生きてます(笑)
やっと終わりました、卒業研究の中間発表会!
中間発表は、研究の進捗状況やこれからの予定をポスターにまとめて発表する会です。
学科の先生はもちろん、4年生も発表を聞きに来て、いろいろ質問されたりします。
勉強になることがたくさんあり、とても有意義な時間になりました。

はあ、これでやっと一息つけ…

ないんだな、それが!(笑)


なぜなら来週末は「高専祭」だから~!
高専祭は、いわば文化祭です。高専の文化祭だから高専祭。
その準備でこれからラストスパートをかけなければいけません!
まだまだ頑張らねば!


さて今回はパートⅣということで、予告通りPSPについて話していこうと思います。
DSも書くと長くなりすぎるので、今回はPSPだけにしますm(_ _)m

PSPはPlayStation Portableの略で、2004年に発売されました。
今から10年前ですね…って、もう10年も経つのか!
いや~、時の流れは速いねえ~(・・;)

ま、そんな話はさておき、遊んだゲームを紹介していきます!
「MONSTER HUNTER PORTABLE」 (以下MHP)、
「MHP 2nd」、「MHP 2nd G」、「MHP 3rd」
「METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS」 (以下MPO)、「MPO+」、
「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」 (以下PW)、
「ARMORED CORE3 SILENT LINE」 (以下AC)、
「Grand Theft Auto Liberty City Stories」 (以下GTA)


モンハンとメタルギアはほぼ全シリーズやりましたね。
あと、友人の紹介でやったACとヤバめなゲーム(GTA)ですね(笑)

MHPはちょっとやっただけでしたが、2nd、2nd Gはやり込みましたね!
MH2(dos)では太刀をメインに使っていたので、2nd、2nd Gでも太刀をよく使っていました。
遠距離武器では弓を使ってました。ボウガンはミラ系のクエストでしか使ってませんでしたね。
※ミラ系=ミラボレアス、ミラルーツ、ミラバルカンのことです。
霞龍、浮岳龍、老山龍、砦蟹、など、今となっては懐かしいモンスターがいましたね~。
3rdではジエン・モーラン、アマツマガツチ、アルバトリオンくらいしか古龍はいませんでしたので
若干物足りない感がありましたが、新しく「スラッシュアックス」という武器が登場したり
一部攻撃アクションが変更されたりしてて、とても楽しかったです。
そういえば!前回書き忘れていましたが、「MH4G」が発売されましたね!
僕は、友達の様子を見てから買おうかどうか決めようと考えています。
角竜や盾蟹、霞龍が復活するみたいですね! ほんと、おかえりなさい(笑)


メタルギアは3作ともやり込みましたね~。
MPO、MPO+、PWは仲間を集めて部隊編成ができ、武器やアイテム開発も仲間のスペック次第になります。優秀な兵士が多いほどミッション遂行が捗ります。
MPOでは諜報部隊を各地に送って機密文書の情報を入手したりできました。
ある手順を踏めば、エヴァやオセロット、ライコフ、ソコロフなどを仲間にできます。
MPO+はストーリーがありません。代わりに「インフィニティーミッション」という、ひたすらエリアを
クリアしていくモードがあります。
5ステージごとにミッションが発生し、「見つかるな」とか、「すべての敵を無力化せよ」など
いろいろな種類があります。最高難易度では「特殊ステージ」が出てきます。
また、兵士の種類もとても増えました。というか、今までの兵士が再登場しました。
ゴルルコビッチ兵や天狗兵、海兵隊、ゲノム兵も登場します。
ユニーク兵としてオールド・スネークや雷電も登場します。雷電はチート級に強いですよ(笑)
PWでは、今までのMPOと操作が少し変わり、エイムが圧倒的に楽になりました。
あ、エイムっていうのは「敵に照準を合わせること」です。地元でよく使ってた言葉なのでつい…
PWは武器開発がとても重要になります。武器開発と言っても、いくつかの要素が絡んでます。
まず、武器の設計図。エリアの端に転がってたりしますが、これが無かったら開発できません。
次に、いくつかの「班」のレベルです。開発に必要な条件に、
「〇〇班:△△レベル」などといった班のレベルが書いてあったりします。
が、なんと技術班のレベルだけではなく食糧班や医療班のレベルが条件に入っていたりします!
この条件を満たすのが難しかったりするので、「アナライザー」という敵兵のステータスを
見抜けるアイテムを使って仲間を集めまくるしかないです(笑)
ま、この「アナライザー」を開発するのにもいろいろ条件があるんですけどね(笑)
ちょっと面倒なことが多いですが、やり込み要素が多く、とても楽しいゲームです!


ACは正直、僕にとっては難しかったです。
簡単なミッションはクリアできるのですが、味方の援護や、時間制限のあるミッションは
本当に苦手で、失敗しまくりでした(+o+)
でも、機体のカスタマイズはとても面白かったです。
ホバータイプにしてブレードで切り刻むタイプや、重量系でレーザーやミサイルを
搭載したタイプなど、自分で考えて作れるので楽しかったです。
まあ、作ったところで操縦技術が無かったのでほとんど意味なかったんですがね(笑)


GTAは、高専に入ってから買いました。友達とバトルするためだけに(笑)
はじめはチートコードなどを使うといろいろできるので楽しいのですが、すぐに飽きました(笑)
いや、楽しいのは楽しいんですよ。ただ何というか…飽きます(笑)
なので友達と対戦するのが一番楽しいと思いますよ。
スポーツカーで突っ込んだり、遠距離からRPG-7で攻撃したり、やりたい放題できますし。


とまあ、PSPについてはこんな感じです。
基本的にはモンハンかメタルギアか、って感じでしたね。
PSPは今でもよく遊んでいます。
またゲーム屋さんで面白そうなゲーム探そうかな(笑)


ということで、今回はPSPだけで終わってしましましたので、
次回はNINTENDO DSから話していきたいと思います。

じゃ、バイバイキーン(^-^)

PageTop

HDDがパンパンなのは九分九厘俺のせい

どうも、久方ぶりのかずのこです。

最近は記事を書けていなくて、皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
……「皆さん」って何人いてくれるんでしょうね。

一通り僕の編入関係の記事は全部書き終わったはずです。

見返してみるとすごいですね。
滲み出る「捻くれ感」。
まともに記事を書いてるつもりだったのに。
内容にひと捻り加えて、書き方にひと捻り加えただけなはず……

捻ってばっかやないかーい! HAHAHAHA! Renaissance.

閑話休題、今僕は実家からこの記事を書いてます。
今日の昼ごろに帰宅して、明日また高専の近くで用事があるので午前中に出発です。
忙しいですね。忙しいうちが華です。

帰ってきてからはずっと録画したドラマを観てました。
前季分すら消化できていないのですが、先に今季のものからですね。

まずは相棒season13
これはいっつも観てますね。
最近の長編では「社会問題に一石投じてやるぜ」な展開だったり台詞回しだったりで、
「あ、そゆーのいいんで」ってなっちゃいますが、
普通の放送はやっぱり面白くて好きですね。安定してます。
高専の寮にいるときは毛鉤と一緒に楽しんでます。

それから仮面ライダードライブ
仮面ライダーもいっつも観てます。
運良く朝起た時は「列車戦隊トッキュウジャー」から「ハピネスチャージプリキュア」まで観てます。
いつも「題名のない音楽会」で観終わろうか迷います。
もし観終わったら「だけど食堂」まで観ちゃいます。
テレ朝キッズですねはい。後半はキッズじゃありませんが。

この辺りについて熱く語るのはまた後日にしたいと思います。
乞うご期待。
ではでは。

PageTop

閣下はスコッチの暴露マン

こんにちは。ぽんたろうです。
卒業研究の中間発表が終了し、一段落しました。
と言ってもこれから一ヶ月間、暇な週末がありません。うえー。
今日は物性物理化学の授業でいろいろな元素がでてきたので周期表の話をします。
皆さん周期表はどこまで覚えていますか?
化学系ならば20番のCaまでは覚えていると思います。
しかし、編入試験を受けるならば36番のKrまで覚えた方がいいです!
Krでちょうど第4周期まで制覇です。
なぜKrまでかと言いますと、4周期の元素である、Cr、Fe、Co、Ni、Znなどの遷移金属の原子番号がわからないと解けない問題が稀に出題されるためです。
実際、阪大工学部で、Ni錯体の磁性を問われる問題が出題されましたが、Niの原子番号がわからないと解けない問題でした。
原子番号が与えないままCrやCuの電子配置を書かせる問題もいろいろな大学で出題されている気がします。
ということで友達から教えてもらった4周期の覚え方を紹介します。

閣下はスコッチの暴露マン 徹子にどうせ会えんがゲルマン斡旋ブローカー
(K Ca Sc Ti V Mn Fe Cu Zn Ga Ge As Se Br Kr)

PageTop

ぽんたろうの近況

お久しぶりです。ぽんたろうです。
最近はものすごく忙しいです。
クラブは試合が近く、卒研は中間発表が近く、ものすごく忙しいです。
卒研は中間発表が近づいているこの時期に、すべての測定に使用する自作装置をぶっとばして破壊してしまいましたw
そのため2週間データ整理だけをしていました。しかし、一日中データを見ていると今までの実験が頭の中で整理され、さまざまな考察が浮かんだのでなかなか有意義な時間だったのかもしれません。
今までは測定メインの実験でしたが、明日からは自分で考えた化合物を合成します!
ウキウキで今夜はオールナイトかもしれません。
そういえばTOEICの勉強をする予定だったのですが全く手を付けてないなぁ...
他の編入生はみんな勉強してるんだろうなぁ...
そういえば僕が受けた他の大学(農工大工学部、阪大基礎工学部)についても体験談を書こうと思っているのですが、編入の報告書を学校に提出しており、それが閲覧可能になるのが年明け頃らしいです。
体験談を書くなら、受験直後に書いた報告書を参考にしたほうが深い内容になると思うので、年明けにまとめて書きます。
それと同時にこのブログ内に散らばっている体験談をまとめて、見やすいようにしようとも考えています。
では。

PageTop

僕のゲーム人生(パートⅢ)

どーも、マンホールです。

ずいぶんと更新が遅くなってしまいましたが、大丈夫です、ちゃんと生きてます(笑)

来週に卒業研究の中間発表があって、その要旨を書いたりパワポを作ったりと
willforceの皆がバタバタしてて、なかなか記事が書けませんでした。
え?「じゃあマンホールは何で記事書けてるの?」って?

まあ、アレじゃん、僕頭いいし?要旨とかパワポとか一瞬で作れるし?
逆に何でこんなことに時間かかってんの?って感じ?

…嘘です。つい先日要旨が完成したばかりです。パワポ一切手を付けれてません(笑)


さて今回はパートⅢということで、予告通り「Playstation2」の話からしていきたいと思います。
かずのこやぽんたろうが自分の受験勉強法について書いている中、
僕は自分のゲーム人生についてダラダラ書いていきます(笑)

PS2で一番最初に買ったソフト、それは
「THE 地球防衛軍」でした。
これはPS2を買う前に、友達の家でやらせてもらったのがきっかけで買うことにしました。
簡単に言うと、銃を使って巨大生物やUFOなどと戦うゲームです。
低難易度のうちはゴリ押しでクリアできますが、高難易度になると頭を使って戦わないと
一瞬で敵に囲まれて死にます。ほんと、単純なようで奥が深いゲームです。

そして僕は、このゲームを機にガンシューティング好きになります!

ここから買うゲームは、銃が出てくるものがほとんどになります。
というわけで、今までやったPS2ソフトを列挙していきますね。
「ラチェット&クランク2」、「ラチェット&クランク3」、
「デビルメイクライ2」、「デビルメイクライ3」、
「戦国無双2」、「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」

なんか、改めて見ると2スタートのゲームが多いですね…。
これも特に理由はなく、単に「面白そうだ」と思ったのを買った結果です。
ラチェクラで銃をぶっぱなす楽しさを知りました。そして地球防衛軍とは違い
弾数に限りがあるので「弾を節約する」ことを覚えました。
DMC2、3では「極力ダメージを食らわず行動すること」を覚えました。
でも未だに全クリできていません(汗) また挑戦したいと思います。
戦国無双2、スターウォーズは兄貴が買って来たゲームでした。
はじめはあまり興味なかったのですが、何だかんだでハマりましたね(笑)
戦国無双は現実の話とだいぶ違ったストーリーになっている点がいくつかありますが、
大体のストーリーは正しいので、いろいろ勉強になりました。
スターウォーズはライトセーバーとフォースを駆使して戦っていくゲームです。
映画を見ていたのでゲームはとても面白かったです。
あるコードを入力すればフォースが無限に使えるようになったりします(笑)

あと、超マイナーですが
「激闘! 迷路キング」、「めいわく星人パニックメーカー」
なんてソフトも買いました。友達に聞いても、全員「そんなゲーム知らない」と言ったゲームです(笑)
でもすごく面白いですよ。興味があったら調べてみてください。


こうしてガンシューティングゲームにハマっていたある日、
兄貴が神ゲーを買ってきました。それは

「METAL GEAR SOLID3」です!
ガンシューティングと言っても銃を乱射するようなゲームではないんですけどね(笑)

「敵に見つからずに進む」という今までない緊張感が味わえました。
それにストーリーも、フィクションとノンフィクションが入り混じっていて、
本当によく出来ているな~と、中学生ながらも思っていました。
また、今までやってきた地球防衛軍やDMCとは違い、銃の弾数に制限はあるし
ラチェクラと違って「ショップ」なんてものもなく食糧や弾薬はすべて現地調達。
主人公は特殊な生物でもなく普通(?)の人間なので「2段ジャンプ」なんてことも出来ない。
普通に考えれば全て当然のことだったのですが、今までのゲームが非現実的すぎたため
当時の僕はとても衝撃を受けました。今まで「ゲームの世界だから」で済まされてきた点に
気づくことができました。もちろん、このゲームにも非現実的なところはありますが、
僕が今まで遊んだゲームの中で1番リアルなゲームでした。

このソフトですっかりメタルギアファンになり、今後も何作か買うことになります。

そしてもうひとつ、大きな出会いがありました。それは

「MONSTER HUNTER 2 (dos)」です!
これが僕の人生初のモンハンになります。
これも兄貴が買って来たゲームなんですけどね(笑)
まだ武器の種類も少なく、大剣・太刀・片手剣・双剣・ハンマー・狩猟笛・ランス・
ガンランス・ボウガン・弓だけでした。これでも、初代と比べればだいぶ増えたんですよ(笑)
このゲームでは「昼・夜、季節」という新しい概念が導入されました。
今のモンハンと同じく、昼と夜でフィールドの状態が変わったり気温が変わったりします。
が、このゲームはなんと、村にいる間やクエストに出ている間も時間が流れます。
つまり、昼か夜かは村を出てクエストに行く時の状況によるということです。
さすがにクエスト中に昼と夜が変わることはないですが、クエストの準備で
村で買い物をしているうちに夜になってしまう、なんてことはよくあります(笑)
そして昼にしか取れないアイテムやモンスターがいたりします。夜もそうです。

季節は「温暖期」→「寒冷期」→「繁殖期」→「温暖期」とサイクルしていきます。
温暖期はモンスターが活発になり、ランゴスタが大量発生したりする
寒冷期はモンスターがエサを求めて凶暴になる
繁殖期は卵の運搬クエがよく出る
など様々な変化が見られます。

これ以外にも時間や季節によって変わる点は多いので、とても重要な要素になります。
僕は未だに「ガノトトス」が倒せずに止まってます(笑)
あの「亜空間タックル」が避けれなくて…(T-T)


PS2で遊んだゲームはこんな感じです。


そして僕が中学1年の終わりごろ新たな小型ゲーム機を買います。それは
「PlayStation Portable」です。
そしてこれと同時期ぐらいに、親がゲーム機を買います。それが
「NINTENDO DS」です。
一気に2つのゲーム機が我が家に入りました。
親は「脳を鍛える 大人のDSトレーニング」を買って脳トレしてました
自分の脳年齢を見てショックを受けていた親の顔は忘れられません(笑)

さて、今回も長くなりましたがPS2のお話だけで終わっちゃいましたね(汗)

次回はPSP、DSの二つのお話をしたいと思っていますが…PSPで終わる気がする…
ということで、パートⅣをお楽しみに!
じゃあ、またね~!

PageTop

僕のゲーム人生(パートⅡ)

どーも、マンホールです。

さて今回は、皆さんお待ちかね(?)のパートⅡでーす! イエーイ!(笑)
パートⅠでは「NINTENDO64」まで書いたので、今回はその続きから。
先に言っておきます。 この記事、長くなります(笑)


2001年、僕が6歳のころ、「GAMEBOY ADVANCE」というハードが登場しました。
ゲームボーイ用ソフトとアドバンス用ソフトが遊べ、かつ単3電池2本で動く!(笑)
これは買うしかない!と思い、すぐにゲーム屋さんに行きましたね。
一番うれしかったのは、画面がカラーになったこと!(笑)
「GAMEBOY COLOR」というカラー表示のゲームボーイもあったのですが、
当時はその存在をまったく知りませんでした(汗)

アドバンスでよく遊んだソフトを書いていきますね。

「星のカービィ 夢の泉デラックス」

64で夢中になって遊んでいたカービィが携帯ゲーム機でできる!という理由で買いました。
とにかく夢中になって遊んでいたのを覚えています。本編もミニゲームも最高でした!
これは100%クリアまでとても時間がかかりましたね。全てのスイッチを探すのが大変でした。
「何かここ怪しい」ってポイントはすぐわかるのですが…
っと、これ以上は種明かしになるのでやめときますね。

そうそう、実はこれファミコン用ソフトの「星のカービィ 夢の泉物語」のリメイクみたいなんですね。
といっても、僕はファミコンを持っていませんのでファミコンとの違いは分かりませんが(汗)

「ポケットモンスター サファイア」

これはやり込みましたね~! 
いろいろ新しいポケモンも増えました。何よりカッコイイポケモンがとても増えましたね!
僕はよくポーマンダ、メタグロスを使っていました。ただただカッコイイという理由で(笑)
あと「秘密基地」とかありましたね!いや~懐かしい。
僕の兄貴はルビーの方を買っていたので、よく通信して遊んでいました。
…今どきの子供は言うだろう。 「え?赤外線も無いのにどうやって通信していたの?」って…
そんな子供たちに言いたい。

赤外線?なに言ってんだ!?
「通信ケーブル」でお互いのハードを直接繋ぐんだよ!(笑)

ほんと、今から思えば原始的でしたよね(笑)
でも直接人と会って線を繋いで会話しながらゲームができました。
今は通信するのに直接会う必要がなくなりました。世界中の人とも通信できます。
それに無料通話アプリなんてのもあるので、ビデオ通話でもすれば十分楽しめます。
いや~、ほんとに便利になりましたね!(笑)

そういえば!
3DSでリメイク版「オメガルビー アルファサファイア」が出るみたいですね!
お金に余裕があればぜひ買いたいです!

さて、まだまだ遊んだソフトを書いていきますが、ここでハードが変わります。
そう、あの神ハードと呼ばれた「GAMEBOY ADVANCE SP」です!
もうほんとね…神ですよ、神(笑)
折り畳み式になり、電池駆動からバッテリー駆動に進化!
そしてなんと!バックライトがキタ━━(゚∀゚)━━!!
これで夜でもゲームができるようになったんだぜ!
そして僕は夜にゲームをやりすぎて視力がどんどん落ちていったんだぜ!(笑)

ということで、ハードは変わっても同じソフトで遊べますので、
夢の泉デラックスもサファイアもこちらで遊ぶようになりました(汗)

じゃ、SPで主に遊んだゲームを書いていきます。
まずはこれ!
「星のカービィ 鏡の大迷宮」
ええ、またカービィですよ(笑)
ほんとに迷宮でした。迷いまくりました。まだ「マップ」があるだけ親切です。
これも100%苦労しました。マップのおかげでまだ入ったことのないエリアがあるのは
分かるのですが、どうすればそこに行けるかが分からず苦労しました。
「マスター」というコピー能力があり、メタナイトが持っている剣を使えます。
正直、チートです(笑)
杭は打てるわ銀色の固いブロック壊せるわ導火線に火を付けれるわ、やりたい放題です(笑)

「ヨッシーの万有引力」

思わず体ごと傾けちゃいます(笑) めちゃくちゃ面白いです。
が、僕はすぐに飽きちゃったので全クリしないまま放置(汗)
また再開しよっかなあ~。せっかく買ったんだしね。

「ロックマンエグゼ4 トーナメントレッドサン」

これが初めてのロックマンエグゼシリーズになりました。
動画をスキップすると次に何をすればいいかが分からなくなるので
面倒くさがり屋の僕には大変でした。攻略本があると一瞬です(笑)
SPナビチップは、伝説のP.A.「ジゴクホッケー」で大概いけます(^-^)

「ロックマンエグゼ6 電脳獣ファルザー」

4.5、5を飛ばして6です(笑)
別に理由があっただけではなく、ただ単におもしろそうだったので買いました(笑)
未だに全クリできていないので、これも気が向いたら再開したいと思います。
カーネルが強いんだよなあ…なかなかSランクが取れない(>_<)
それに「エアホッケー2」、「エアホッケー3」がなくなりましたしね…
エアホッケー依存症の僕にはキツかったです。

アドバンスのソフトはこんな感じですかね。

さて、この後新たな据え置きハードを手に入れます。
それは…
「PlayStation2」です!
「NINTENDO GAMECUBE」は買いませんでした。え?なぜかって?
近所の友達はみんな持ってたから(笑)
逆にPS2を持っている友達はほとんどいませんでしたので、僕は少数派のPS2を選びました(笑)
が、当時の僕にとってはPS2は高すぎて買えませんでしたし、
親に頼んでも買ってもらえませんでした。ここで兄弟パワーを使うことに!(笑)
兄貴と僕のテストの点数を合計してある点数を超えたら買ってくれ、と親に頼み込みました。
この時は兄貴も僕も必死に勉強しました(笑)
その甲斐あって、余裕で目標点数を超え、無事買ってもらえました!
まあ、その後のテストの点数がどんどん下がっていったのは言うまでもありません(笑)

ということでここからは「昼間はPS2、夜はGBA SP」というゲーム三昧な日々を送ります(笑)
視力がどんどん落ちていったのも言うまでもありません(笑)


ずいぶんと長くなったので、今回はこの辺で切ります。
って、今回はアドバンスの話だけで終わっちゃいましたね…
いや~、やっぱりゲームついて話し出すと止まりませんね(-ω-)

ということで、次回はPS2からのお話です。
ではでは、パートⅢをお楽しみに! ばいばーい(^ー^)/~~~

PageTop

ぽんたろうの受験勉強法

ぽんたろうです。
僕がおこなった勉強法について紹介します。

1.ノートとボールペンを使おう
かずのこが紹介していたように僕もノートとサラサクリップを使って勉強していました。
これらを使い始めたのがちょうど去年の今頃でして、最終的にノート50冊、サラサクリップ30本を使い切りました。
0.5のサラサクリップは1本で400mかけるので12km書いたことになります。
我々の高専から最寄駅までの距離くらいですね←
試験前に溜めておいたノートやボールペンを見るとかなり自信がでました。気の持ちようは試験に大きく影響するんじゃないかと思います。

2.暗記ものは見えるところに貼っておこう
定番ですね。やはり勉強していると、なかなか暗記できないものがでてくるものです。
そういうとき僕は紙に書いて研究室に貼りまくりました。すると研究室に来るたびに目にはいるので覚えにくいものでもかなり覚えれたきがします。

3.卒研をやろう
僕は毎日22時頃まで実験をしていました。きちんと卒研をしていれば面接の前に卒研の内容を復習する必要なんてありません。編入試験の面接の段階ではテーマが決まった段階の人もいますから卒研をしているとき気持ち的にも面接でもかなりのアドバンテージがあると思います。また、卒研でマノメータを使用していたため、基礎工学部の物理の熱力の試験でピストンとマノメータの複合問題が出題されましたが完答することができました。

4.外へでよう
家にこもっているとなかなか勉強できないものです。そういうときは勉強道具をもって外へでましょう。そしてファストフード店やファミレスにはいって美味しいものでも食べましょう。自分への投資です。そして食べ終わったら参考書を開いて勉強すると、かなり集中できます。僕は豪雨でも台風でも毎週末原付でファミレスに行きました。

5.友達をつくろう
すべてのチャンスは人から来ると僕は考えています。
わからない問題があるときはもちろん自分で調べますが、それでもなかなかわからないときや納得できないときがありました。そういうときは友達に聞きました。特にかずのことはよくディスカッションしました。そうすると逆に友達から質問をうけるようになり他大学の過去問を解いたりしました。阪大工学部の試験で錯体の立体構造を問われましたが、
[Ni(CO)4]と[Ni(CN)4]2-のどちらが平面でどちらが三角錐なのかかなり悩みました。そのとき以前の記事に書いた大阪府立大学の過去問から[Ni(CO)4]が三角錐構造であったことを思い出し、完答することができました。
また、夏休み中に阪大工学部の試験があったのですが、3年ほど前までの過去問をみて生化学は出題されないだろうと高を括り生化学の教材をすべて学校に置いたまま実家へ戻りました。しかし実家で3年以上前の過去問を見ると生化学が出題されていました。これはピンチ!と思いましたが、実家が学校の近くの友達がわざわざ学校へ僕の教材を取りに帰えり、実家まで郵送してくれました。そして、試験では数年ぶりに生化学が出題され、無事答えることが出来ました。
他にも基礎工学部の英語の長文の内容が友達の卒研のバックグラウンドそのままの内容だったり、勉強中しんどいとき励ましてもらったり、一緒にリフレッシュしたり、試験前日には本当にたくさんの応援メールが届き、パワーをもらったり、
ここまでやってこれたのは友達のおかげだと思っています。

最後の2つが「外にでよう」と「友達をつくろう」っておい!って感じですがこんなところです。

PageTop

かずのこの受験勉強法

どうも、9時間で絶対に起床するかずのこです。

「パラサイト (parasite)」
何かに寄生するもの。またはその状態。

今では
「すねかじり」 「居候」
なども意味します。

嫌な言葉ですね。

ちなみに
僕はパラサイトして北大に受かりました。

受験勉強に熱心な友達の近くで勉強してました。
その子がイイと言った参考書だけを解いていました。

はっきり言って、とても効率がいいです。
そして、とても惨めです。

万人にお勧めはできません。

1.  是が非でも大学に受かりたい
2.  勉強を続けられる自信がない

この2つに当てはまっている人のなかで、

3. 全幅の信頼を寄せられる
4. 難関大学への編入を本気で考えている
5. 勉強に対する意欲が尋常じゃない

この3つに当てはまる友達がいる人だけができます。

あまりメリットがなさそうに見えるかもしれません。

しかし、できる環境が整っている人はぜひ試してください。

この勉強法が最も効果を発揮するのは

受験勉強序盤です。

この勉強法は人間の負の感情を原動力としています。

ポイントはこの勉強法を始めた時点で
目標としている友達に先を越されていることです。

最初は効率が良くてあくびが出ます。
友達が厳選した参考書、悪いはずありません。
解けないときは友達に聞けば絶対に答えてくれます。

しかし、次第に「焦り」が生まれてきます。
常に友達に後れを取っている状況。
勉強の進捗は友達次第。

「本当にこれで受かるのか…?」

この迷いが生まれた時点でこの勉強法は終了です。

この時点である程度の学力がついています。
有名な編入用の参考書なら自分で解けるようになっています。

この「焦り」「迷い」を燃やして解きまくります。
いつかはこの感情が消えるはず…と信じて。
以前とは比べ物にならない速度で勉強できるでしょう。

はい、そうこうしているうちに受験当日を迎えます。
振り返ってみれば、相当な量勉強していたと気付きます。
「焦り」「迷い」が「自信」に変わります。
堂々と試験に臨めるはずです。

騙されたと思ってお試しを。
ではでは。

PageTop

僕のゲーム人生(パートⅠ)

どーも、マンホールです。

今回は、僕の歩んできたゲーム人生について書いていこうと思います。
といっても、どんなゲームをやってきたか、どんなゲームが好きかを
ダラダラと書いていく感じです。

書こうと思えば永遠に書けるので、今回は「NINTENDO64」までの
お話をしていきたいと思います(笑)


僕が生まれたのは1995年でした。
「生まれてすぐにゲームをしだした!」なんてことはなく、
いたって普通の、元気な男の子でした(笑)
ちなみに、僕には姉と兄の二人の兄弟がいます。
僕のゲーム人生を語るのにこの二人は欠かせないので存在だけ紹介しときます(笑)

僕が生まれて間もなく、姉が「たまごっち」にハマり始めました。
僕は記憶にないのですが、姉の話によると「お前はずっと画面を眺めていた」そうです。
このころから少しずつゲームに興味を持ち始めたんでしょうね。

5歳の時、初めての自分のゲーム機「GAME BOY」を手に入れました。
どういう経路で手に入れたのかは覚えていませんが、気が付いたら持っていました(笑)
ゲームボーイはバッテリーではなく、単3電池4本で動いたんですよ!
そして、本格的にやった人生初のゲームは
「ポケットモンスター金」 でした。 懐かしい!
一番最初に選んだのは確かヒノアラシでした。 あ~懐かしい!
このころは電気タイプを中心に育てていた記憶があります。
レアコイル、マルマイン、サンダースは100レベまで育てました。

そしてこれと同時期ぐらいに、「NINTENDO64」を買ってもらいました。
ここから本格的にゲームをやり込み始めましたね!
まずは、前にも書いた「大乱闘スマッシュブラザーズ」です!
これは相当やり込みました。やりすぎでスティックを壊した覚えもあります(笑)
使えるキャラはマリオ、リンク、サムス、ピカチュウ、フォックス、ヨッシー、カービィ、
ドンキー、ファルコン、プリン、ルイージ、ネスの、たった12キャラのみ!
新作では49キャラもいるのにねえ、ほんとビックリです。
ちなみに、新作スマブラにはこの12キャラ全員出てますね!

そしてスマブラと同じくらいやり込んだのが、「星のカービィ64」でした!
「コピー能力のミックス」という発想はとても面白かったです。
ストーン&ボムの「ダイナマイト」をよく使っていた覚えがあります(笑)
全てのクリスタルを集めるのはとても苦労した覚えがありますが、
真のエンディングムービーを見た時はすごく達成感がありましたね!

「マリオテニス64」もやり込みました!
ビックリするくらい曲がるテレサのスライスサーブを多用して
友達に嫌われかけたこともありました(笑)
ベビーマリオで、相手のサーブをスマッシュで打ち返して
これまた嫌われかけました(笑)  ほんと、いい思い出です(笑)

「マリオカート64」もよく遊びました!
これは家族みんなで楽しんでいましたね。僕はよくヨッシーを使っていました(笑)
マップを活かしたショートカットを編み出したり、ちょっとしたバグで遊んでみたりと、
別の遊び方で友達と盛り上がっていた覚えもあります(笑)


思い返せば、生まれて間もないころからゲームに興味を持っていたんですねえ…
自分より年上の兄弟を持っている人はこうなるものなんですかね(笑)
まあ、僕自身はこんな環境でよかったと思っています。
ゲームつながりでいろいろな友達ができましたし、やっぱり
家族や友達と一緒にやるゲームは最高に楽しいですから!(笑)

ということで、パートⅠはこの辺で!
次回は「GAMEBOY ADVANCE」からスタートかな。
じゃあ、パートⅡをお楽しみに!

PageTop