willforce ―高専を卒業した男たち―

高専卒の4人が編入や日常ついて書きます

スーツすら要らない面接

どーも、マンホールです。

速報。

私マンホールは、信大繊維学部の院試(推薦)、受かりました。

って言っても、ついさっき試験だったんだけどね(笑)

僕を含めて出願者13人いて、13人とも一気に面接室に呼ばれて、
「君たちは研究室の先生に推薦された優秀な学生たちであって、
君たちより順位の低かった学生にはこの推薦される権利が……
ということで、これからも勉学に励んでください。以上。

以上⁉
面接は⁉ 
何の試験もなく院に進めるのはラッキーだけどさ!
ほら、志望動機とか、研究についてとか、将来の方向性とか聞かなくていいの⁉

そして受験料として支払った30000円は何のお金だったの⁉

ということで、面接室に入って数分で終わり。受かった。

ちなみに、機能高分子以外の課程は、しっかり面接するところもあるそう。
大丈夫かこの学科……。

まあ、これまで頑張ってきた(?)から推薦枠に入れたわけで、
推薦されながらも面接で落とされる、っていうのも変な話だけど……

とりあえず、あと2年、信大に居座ることになります。
院に進んでも、まじめに頑張っていきたいと思います。


それじゃ、まったね~(^_^)/~



スポンサーサイト

PageTop

毛鉤の右腕

どううも、毛鉤の右腕です。

毛鉤やマンホールたちと同じ某高専を卒業し、毛鉤と同じく専攻科に所属している右腕です。


先日、所属している研究室の某先生と研究について話したところ
これまでの『データの全消し』が決定いたしました!!!

三度目の全消しということもあって、予備実験からすべてやり直しということになりました。

さすがにめんどくさいので、今月は実験しません!!
さて、変える準備でも使用かな?

=======================================
今回の更新はスペシャルゲストの「毛鉤の右腕」がお送りしました。

毛鉤
=======================================

PageTop

はじめに

 このブログでは、同じ研究室にいた4人が編入体験やその後の日常などを書いていきます。(この記事を書いた時点ではまだ4人とも高専在学中です)

 同じ学校に入学し、同じ研究室に属し、全員進学を希望した4人ですが、それぞれの勉強スタイルや進学に対する考えは違い、たどってきた努力の道のりも四者四様です。この貴重な体験を飲み会の思い出話にするだけではもったいないと思い、4人での思い出づくりも兼ねてブログを始めました。

 このブログで編入体験談や大学に入ってからの生活を書くことで、高専から大学に編入しようと考えている後輩たちに情報と希望を与えられればと思います。

PageTop