willforce ―高専を卒業した男たち―

高専卒の4人が編入や日常ついて書きます

必修科目について

どーも、マンホールです。

以前コメントいただいた信大1年次の必修科目についてですが、
先日の記事に書き忘れていたので新たに書きます。

履修関係のPDFファイルが掲載されているページのURLを貼ります↓
www.shinshu-u.ac.jp/faculty/general/credit/
共通教育履修案内抜粋の平成29年度を開いてください。これの20ページに
具体的な繊維学部1年生の必要単位数や必修科目について載っています。
このファイル、コメントいただいてから探し続けて、ついこの間ようやく発見したんです!
上田キャンパスでは、繊維学部2年以上の履修科目の案内しか
手に入らないんです!不便ですよね!その上、学部のページにも載ってないし
シラバス検索も使いづらいし見にくい!どうにかしてほしいものですな…

ということで、こちらの科目を参考にしていただければ問題ないかと思います。

以上、マンホールでした!
ばいばーい(^_^)/~


スポンサーサイト

PageTop

先進繊維工学課程

どーも、マンホールです。

先日、「信大繊維学部の先進繊維工学課程の編入試験を受けようと考えているので
試験科目や内容を教えてほしい」とのリクエストがありましたので、お答えします。

〇聞かれたこと
・志望動機は何か
・自己PRをしろ
・高専での卒業研究について

〇口頭試問
数学、物理、英語 それぞれ1枚のA4に問題が書かれてあり、伏せて置かれている
・数学:黒板を使って解く
微分、積分、あともう一問あったきがするが覚えていない

・物理:黒板を使って解く
枝分かれした糸の先におもりが2つ付けられていて、それがある角度で固定されている
この時の糸の張力、および片方のおもりの質量を求める問題

・英語:英文を数分間黙読し、そのあと質問に答える
紀元前のエジプトの織物の話で、繊維系の英単語が含まれていた
loom(織機)についての話もあった


以上です。
※これは、一昨年の試験内容です。昨年の試験内容については、
その受験生の連絡先を知らないのでいずれの課程も把握できていません。
3月末~4月頭には分かると思うので、情報を手に入れ次第それぞれ記事を書きます。

ということで、今回はこのへんで! ばいば~い(^_^)/

PageTop

研究室選びで聞いた方がいいこと

どうも,利き緑茶も利きミルクティーも未だ正解0で流石に泣きそうなかずのこです.

今回は研究室選びについて書きます.
編入生はもちろん高専生にも通じる話だと思います.

皆さんは研究室を選ぶとなったときに,何を基準にしますか?

「有機が好きだ! もう有機以外考えられない!」

「バイトもしたいしコアタイムのゆるいところで……」

「就活で強そうなところがいいなぁ」

色々あると思います.どれも大事なことです.
ネットで調べれば色んな人の色んな話があるので是非見てくださいね.

という一般論なんかどーでもいいですよねぇ~

かずのこ的に大事なポイントを書いていきます.

1. 教授や学生との相性

研究室も結局は人付き合いですから.相性大事.
うぇーい文系みたいな話かもしれませんが,仲間がいればなんとか乗り越えられたりするものです.
なので,研究室の人と仲良くできそうかを見るのは大事だと思います.
「優秀」「人柄が良い」とかもそうですが,「この人たちとなら雑談できそう」って感じの直感も大事にしていきたいですね.
(他人の足を引っ張る系の人も少なからず世の中にいるので,それを察知する意味でも大事です)

2. 好きな分野ではなく得意分野

好きなことがいつの間にか,あるいはある出来事を境に嫌いになること,ありませんか?
得意なことがいつの間にか,あるいはある出来事を境に苦手になること,ありますか?
「大学は学ぶところだから」とか「研究には国費がかかってるから」とか,理由をつければ色々ありますが,何はともあれ得意分野を伸ばした方がいいです
(就活では好きかどうかよりどんな技術を持ってるかの方が強みっぽく聞こえそうですしね)

3. 大きな研究テーマを短いスパンに切って与えてくれるかどうか

変な言い方ですが,「先生は大なり小なり大きな研究テーマを持っている」ものです.
しかし,テーマを持っているのは先生でも,実行するのは学生である場合がほとんどです.
このとき,先生の頭の中にあるテーマをそのまま丸投げしてくる研究室は避けた方がいいです.
でないとB4+M1+M2の3年間で完結するはずが,実は仮説が間違ってて最後の最後にパーってことも……
なるべく「B4 には短期間(実質半年)で,Mにはもうちょっと長い期間(実質1年)で完結できるテーマを与える」という研究室を探すといいと思います.
(これを確認するのは結構直球の質問をする必要があるので大変ですが)

これらはあくまでかずのこ的に大事なポイントですし,この3つを満たしたからと言っていい研究室に入れていい研究ができていい卒業を迎えられるということを保証するわけではないです.
参考になれば幸いです.
ではでは.

PageTop

近況報告

どーも、マンホールです。

そういえば研究の話を全くしていませんでしたね少しお話しします()
僕は、モノマー合成から高分子合成まで手広く研究している先生のところに入りました。元々合成化学に興味があったので、この研究室がドンピシャだったのです。

テーマは、「新規モノマーを使ったポリエステル合成」

練習実験、ということで、先月くらいにテレフタル酸クロリドとビスフェノールAを重縮合してポリエステルを合成しました。これをベースに新規モノマーの特性を評価しよう、って感じです。が、うちの研究室にある溶媒のどれにも溶解せず、解析不能という……
「先生、合成はできましたが、どの溶媒にも溶けません」
「まあ、そうだろうね」

分かってたんかーい!

はい、次。

テレフタル酸がダメならイソフタル酸で、ということで、同様に反応させて……
「先生、イソフタル酸でもダメでした」
「そうか。まあ、そんなものか」

薄々分かってたんかーい! 

ということで、溶媒に溶けなければどうしようもできない、ということで、ビスフェノールA1,4-ブタンジオールにチェンジ。これはあっさりクロロホルムに溶けてくれました!
ということで、つい先日、NMRSEC(サイズ排除クロマトグラフィー)で解析。
まあ、狙いのポリエステルはできてたみたい。けど、重合度がゴミカス……(_)
どうやら試薬の混合比、添加速度、いろいろ問題があったみたいです。

難しいね、合成って。適当に混ぜてりゃいいわけではないですからね()
でも、楽しいです!紙に書いた反応が目の前のフラスコの中で起こっているんですよ!目には見えませんけどね!()

あ、そうそう、そこの奥さん、知ってました?
どんな有機溶媒でも落ちないポリマー汚れには、濃硫酸が効くらしいですわよ。私も何度か使ってみたけど、一瞬できれいになるからお勧めよ!けど、廃液に強酸を垂れ流すわけにはいかないから、中和してから捨てるのよ!アルカリバスという手もあるらしいけど、ガラスを傷めるリスクがあるんですって。やっぱり濃硫酸が最適ね


とまあ、こんな感じで、今のところ順調に進んでます()

そういえばこの前、去年落とした量子化学の中間試験がありました。
結果は……90点!(
≧∀≦)

まあ、2回目だしね() まあ、いい感じですね! 
それと、授業受けて数回目で気付いた。
2
回目だと、めちゃくちゃ理解できる()
去年理解できなかった部分がスッと理解できたからびっくりした。
まあ、満点取れてないから説得力ないけど……(-_-;)

最後に、修己寮からお知らせです!
7
9()、修己寮にて「七夕祭」を開催いたします!

 

16:00~ 一年生,3編生 修己寮到着 寮案内

16:30  開場

17:00  七夕祭開始

      料理コンテスト&流しそうめん

      ラウンジ対抗クイズゲーム

20:00  片付け

20:30  花火

21:00  解散


まあ、21時まで修己寮にいると実家に帰れなくなると思うので、途中で抜けてもらっても全然構いません。参加費は無料ですが、交通費は自腹になりますo(_ _ )o が、寮を見学するいい機会になりますし、寮生の雰囲気もある程度分かりますので、ご都合がよろしければぜひお越しください!上田駅まで来てくだされば僕が迎えに行きますので!七夕祭に来たいという方がいらっしゃれば、7月3日(日)までにコメントください。皆さんのご参加、お待ちしておりま~す!(*^^*)

ほんじゃ、今回はこのへんで!
まったね~(^_^)/~




 

PageTop

けっかはっぴょ~!!

どーも、マンホールです。
今日は10時10分に、3年次編入の結果が張り出されました。

それでは、けっかはっぴょ~!


平28年度 3編結果
 

合格された方、おめでとうございます‼
今年は材料化学工学課程が多いみたいですね!
調子に乗ってお酒飲んで高専退学とかやめてくださいね?(笑)

不合格だった方、残念です!
ドンマイドンマイ!前を向いて歩きましょう!

これからが本命の大学の試験!という方もおられるでしょう。
気持ちを切り替えて、しっかり目標を見つめて頑張ってくださいね。

あ、それから、受けた試験の内容を教えてもらえると嬉しいです!お願いしますo(_ _ )o


それでは、今回はこの辺で!
まったね~(^_^)/~


PageTop

後輩のために

どーも、マンホールです。

6月14日、繊維学部の編入試験がありました。
受験生の皆さん、お疲れ様でした。
どうですか?自身ありですか?(笑)

応用化学課程の試験を受けた方が、試験の内容について情報提供してくださいましたので、
ここに載せちゃいたいと思います。

〇最初に聞かれたこと
・なぜここで化学を学びたいと思ったか?
・卒業したら何をしたいか?
・入学したらどのような学校生活を送りたいか?

〇物理化学
主に熱力学のことを聞かれました。
・系の種類
・開いた系、閉じた系の違い
・閉じた系、孤立系の違い
・状態関数とは、状態関数ではない関数は何関数というか?
・内部エネルギーを求める式を書いて熱力学第一法則の説明
・第二、第三、第零法則の説明
・エンタルピーの式を書け
・理想気体とは何か
・実在気体の状態方程式を書け
あともう1,2問聞かれましたが忘れました。

〇有機化学
・有機化合物の名称5つくらい
・酢酸と1-プロパノールを反応させると何ができるか?
・2-プロパノールでは反応はどう違うか?
・SN1,SN2の説明
・オルトパラ配向性、メタ配向性の説明

〇無機化学
・主な結合名3つ
・金属結合はどのような結合か?
・s,p,d軌道の作図
・アンモニア、5フッ化リンの立体構造の作図
・リチウムと窒素の電子配置を書け
・水素の分子軌道を書け(MO法)

〇数学
・偏微分、全微分、2重積分、定積分 各1問ずつ

〇英語
・英文を読まされ、その文の中にある英単語10個ほどの意味を答える
・下線部の和訳(2箇所)


以上です。

大変貴重な情報を提供してくださり、ありがとうございました。
他の課程を受けた方がいらっしゃいましたら、試験に関する情報を教えていただけると幸いです。

合格発表は6月24日の午前10時でしたね。
僕もなるべく早く確認しに行って、昨年同様写真を掲示したいと考えています。

それでは、皆さんの合格を心より願っております!
まだまだ編入試験が続く方もいらっしゃるでしょう。
気を抜かず、後悔なきよう全力で突き進んでください!

それじゃ、まったね~(^_^)/~


PageTop

背中で語れ!

どーも、マンホールです。

先日、5月29日をもちまして、我々第121期役員会の任期が終わりました。
正直、グズグズでした(笑)
寮長、庶務ともに、できなかったことが多々ありました。
でも、学べたことも多々ありました。
60年近く積み上げてきたものをぶち壊すのはすごく難しい。
皆の頭の中で「常識」としてこびりついていて、その「常識」というフィルターのせいで
何が正しくて、何が間違っているのかを判断することができなくなっていたのでしょう。
僕が今期やろうとしていたことは、スタートの時点でほぼすべて否定されました。
彼らのフィルターをぶち壊すことも目標の一つでした。しかし極一部しかできませんでした。
彼らが悪いわけではありません。彼らを説得できなかった僕に落ち度があります。
寮を思ったように変えることができず、目標も達成できなかったですが、
少しでも意識が変わった寮生が1人でもいれば我々が頑張ってきた価値はあったと思います。

僕の任期は終わりましたが、僕の火はまだ消えていません。
一般寮生に戻ってからも、というより、一般寮生だからこそできることがあるはずです。
一般寮生になることで僕に対する「役員会だから」というフィルターが消えます。
つまり、僕の言動がそのまま寮生に届くということ。
これからの行動が、寮を変えると言っても過言ではありません。
一人の寮生として、自覚を持って、最大限にできることをやっていきます!

僕の戦いは、これから始まる!

ま、何はともあれ、心に大きな余裕が生まれました。
ついでに部屋替えで、家具の配置を変えました。

心機一転!


そういえば先週の金曜日、三年次編入生の飲み会がありました。
もちろん僕はアルコールNGなので、オレンジジュースとグレープフルーツジュースですけど(笑)
そこで、このブログを見てくださっていた方と会って、いろいろお話をしていました。
直接彼らの声を聞くと、やっぱり書いてきてよかったなと思います。
このブログの発案者、かずのこにも感謝ですね。

そして再来週、6月14日、信大繊維学部の編入試験がありますね。
もう僕が受けてから2年も経つんですね……早いものです。

受験生の皆さん、頑張ってください。
これまでやってきたことに自信を持って、試験を受けてください!


それでは、今回はこのへんで!
じゃ、まったね~(^_^)/~


PageTop

編入試験 応用化学・材料化学工学編

どーも、マンホールです。

もうね、第一志望の研究室に入れてウハウハですよ。
ちょっと先輩たちが物静か過ぎてテンションがいまいちあがりませんが…(・・;)
とりあえず、有機合成、高分子合成をメインにやってる研究室なんで、
ここでしっかり勉強して、将来何かおもしろい物質でも作ってやりたいなと思ってます(笑)


今回は、ある方からご質問がありましたので、答えるついでに記事にしちゃいます。
タイトル通り、応用化学課程、材料化学工学課程の編入試験についてです。
僕自身試験を受けたわけじゃないので、知り合いからの情報です。
忘れてしまっている部分も多々ありますが、ご了承くださいo(_ _ )o


では早速!まずは応用化学課程から!

試験時間は40分で、前半20分に
・志望動機
・物理化学(口頭試問)
・有機化学(ホワイトボードに解答)
後半20分は別の部屋に移動して、
・英語(紙渡されて読む)
・無機化学(口頭試問)
・数学(ホワイトボードに解答)
物理化学は、水の状態変化の三重点の時の温度を聞かれた。
あとは、習ってないことが多くてあんまり解けなかったから覚えていない。
有機化学は、紙に書かれた化合物の名前答えるのと、ブチル基4種類の名前(tert-ブチルとか)
英語は、化学関連の文章を読まされた。
「金属に熱を加えると溶ける」みたいな内容だった。
文章の量はA4の半分くらいだった気がする。
無機化学は、言われた化合物の結合を答えよ的なものだった。(SP3結合とか)
数学は紙渡されて10分で5問解け的な。
二重積分、微積分があったのを覚えてる。

試験官は1部屋につき2人
もし可能なら願書は提出期間の後ろ目に出した方がいい。
前の人が試験中は待合室になってる実験室で自由にしてていいから勉強したりできた。
去年4番目だった僕は1番目の人に比べて80分長く勉強できたことになる。


続いて、材料化学工学課程!
英語 科学的な内容の長文
音読 & 指定されたところの和訳をする問題
化学問題(高校レベル)
・アボガドロ数とは?
・水が液体より固体の方が体積が大きい理由は?
etc..などの常識問題と、熱力学関係の問題
理由の説明を求められる問題が多かった
数学
y=2/x
y= √x
y=x^2
などのグラフを黒板に書く問題
簡単な微分・積分問題
物理(私達の代は力学だった。昔は電磁気の年もあった)
遠心力、向心力の定義など、基礎的な内容を問う問題

試験内容は基本的に高校生レベルのもので、あまり専門的なことは聞かれなかった
試験する部屋に入ると机に4枚の紙が置かれているので1枚づつ表にして問題を解く、
もしくはホワイトボードに書いて説明する
問題の量は、いずれの科目もA4用紙の3/4ぐらい




以上です。どちらの課程も、TOEICの点数は聞かれていないみたいですね。

詳しく聞きたい課程と連絡先を添えてカギ付きコメントでもしてくだされば、
直接彼らと連絡が取れるよう手配しますので、遠慮なく言ってくださいね!

じゃ、まったね~(^_^)/~

PageTop

クリスマスパーティ

 どーも、マンホールです!

ただ今の上田市の気温、0℃
手や足の冷えるスピードが尋常じゃないです。
こたつが無ければ終わってますね。はい。
こたつを発明してくれた方、ほんとにありがとうございますo(_ _ )o

どうやら北日本、北陸は大雪らしいですね。
幸いにも上田では雪が降りませんでした。
が、松本や長野は吹雪いていたそうです…オソロシイ…(・・;)
長野でこれなら、北海道のかずのこはもう雪とお友達になってることでしょうね(笑)


さて、今回は告知を!
来週の土曜日、信州大学修己寮にて、
クリスマスパーティを開催いたします!
え、今からクリスマスパーティって気が早過ぎじゃね?って?
そこは言わないであげて♡

はい、ということで、今晩、クリスマスパーティの開催が決定しました!
12月5日の15時半から開場し、16時からスタートします。
クイズや輪ゴム渡しゲーム、格付けゲーム等のミニゲームをやって
それぞれの班でケーキを作ったり、ビンゴゲームをやったりします!
オードブルやケンタッキーもあるぜ☆
そしてもちろん!繊維学部の1年生や、編入する予定の高専生も参加可能です!
僕達からのプレゼントもあるぜ☆
また、時間があれば寮の案内も行う予定ですので、
興味のある方や参加を希望される方は遠慮なくコメントください!

ただ、こちらもいろいろ準備をしなければならないので、
参加を希望される方は12月の1日までにコメントください。
よろしくお願いしますo(_ _ )o

はあ…こうやっているうちにもどんどん手が冷たくなっていく…
でも本当の冬はまだまだこれからですもんね!頑張って乗り切ってやりましょう!

ではでは、今回はこの辺で!
まったね~(^_^)/~


PageTop

波長

 どーも、マンホールです!

今回はちょっと残念なお知らせを。


先日、僕と同じく今年の4月に修己寮に入寮した2年生の男子が退寮しました。
彼から寮を出たいという話を持ち出したらしく、僕の知らないうちに話が進み
退寮に至ったとのこと。 僕にとっては急な話だったので、
今後のためにも彼に退寮を決めた理由について聞こうと思いましたが、タイミングを逃しました。
ま、学校には通っているみたいなので、学校で会うことがあれば聞きたいと思います。


彼は、どちらかと言うと内向的で、ほぼ常に単独行動。
彼の近くの部屋に住む在寮生との関わりもほとんどなかったそうです。
また新歓イベント以外には、寮の行事にほとんど参加していませんでした。

彼の行動や思考を否定する気はありませんし、彼を責めたり嫌ったりしている訳ではありません。
という断りを入れておいて、話を進めます。

僕は、彼が退寮してよかったかもしれないと思っています。
寮は集団生活の場です。 自分以外にも、たくさんの人が暮らしています。

もし彼の「波長」がそれに合わず、結果としてストレスなどに繋がっているならば、
「寮を出る」という選択肢はありだと思うのです。 
集団生活の場では、個人の考えや意見が通らないことなんてザラにあります。
でもそれは集団である以上仕方のないことです。 ある程度の「我慢」は必要です。
「彼に我慢が無かった」と言っているわけではありません。
単に、彼にとって、この寮に波長を合わせるのが大変だっただけでしょう。

寮では、プライベートな場所は自分の部屋だけぐらいで、他はすべて共用のスペースとなります。
僕は高専でも寮生活をしていたので、集団生活には慣れていました。
なので特に普段の生活でストレスを感じることはありません。
ってか普段の生活ですらストレスなら、早急に退寮すべきだと思います(笑)

実は僕も内向的な方で、知らない人といきなり仲良く話すことはできませんし
どちらかと言うと独りが好きなタイプです(笑) が、波長を合わせるのは得意なんです。

これ、書き忘れていたかもしれませんが、新歓イベントの中に、「寮生廻り」というものがあります。
これは、在寮生全員のところに挨拶しに廻って、いろいろお話しする、というものです。
1か月ほど期間があり、その間に全員廻れればクリアです。
しかも、早く全員のところを廻った方には景品があります! 
ちなみに僕は1位でしたので、温度計とヒーターをもらいました☆

この行事のおかげでどんな人が住んでいるのか、どんな立ち位置の人なのかが分かりますし、
自分のことも知ってもらえます。 この時に僕は、自然と在寮生の方々と
波長を合わせることができたのだと思います。 だからすぐに寮になじめました。
僕はここの寮生達に波長を合わせることに対してそんなにエネルギーを使わないので、
この寮にいても平気だし行事にも参加しています。

あ、そうそう、何度も言っていますが、この寮には数々の行事があります。
僕も参加したくない行事がたくさんあります。 
先輩に聞いても「できれば出たくない」と仰る行事があります(笑)
正直言って、この寮の行事は僕の波長には合いません(笑)

でも僕は参加します。なぜなら、今までやったことないイベントばかりだからです。
「文句なら、行事に参加してから言え」
僕はこれをモットーにやっていこうと決めました。 とりあえず、その場しのぎ的に合わせて、
結果として楽しめたか否か。 楽しめたならそれでいいし、楽しめなかったなら工夫を凝らすか、
次から参加しないか(笑) それでいいと思うんです。 

周りの波長にこっちが合わせるか、周りの波長をこっちに合わせるか、それとも諦めるか。

どれでもいいんです。楽しめればそれでいいんです。短い人生、楽しまないと損です☆

と20歳のマンホールが偉そうなことを言っています(笑)

これから修己寮に入ろうかどうか悩んでいる方へ。
じっくり考えてみてください。
何事も表裏一体。いい点もあれば悪い点もあります。
それらを天秤にかけて、楽しめる方を選んでください。

※僕は結構修己寮の悪口を言っていますが、これはあくまで僕一人の意見です。
寮のいい点ならホームページにたくさん書いてあるでしょ?(笑)

寮について詳しく知りたいことなどがあれば、いつでもコメントくださいね(≧∀≦)

ということで、今回はこの辺で!
まったね~(^_^)/~





PageTop