willforce ―高専を卒業した男たち―

高専卒の4人が編入や日常ついて書きます

胸元にウィスキーを

どうも,放射性元素・放射線講習会で寝まくったかずのこです.

カウンター5000になってましたね!
皆さん閲覧ありがとうございます.
マンホールが信大行ってるってのが強いっぽいですね.
これからもよろしくお願いします.

たまには(?)僕の日常を綴りますかね.
というわけで,かずのこ最近のトレンド,始まりまーす.

・研究室がゆるい.
うちの研究室はゆるいです.
4月4日に配属されて以降,本実験は何もしてません.
練習実験が最近始まったくらいです.
まぁ,そうですよね.そんなガチ系のラボではないんで.
なので研究室でする作業といえば文献調査くらいです.
ただ,最低1ヶ月は実験を我慢しようと思っていたので,僕的にはラッキーです.
3-months rule」というのもありますしね.
3ヶ月も待ってられないので1ヶ月にしましたが.
個人的にはB4でポスター2枚が目標ですし.
まだまだ読まないとなぁ.
実験したい.けど今は我慢.
後から嫌になるほどしなきゃいけないし.
明日も読むぞー.

・電子機器とかプログラムに興味がでてきた
うちの研究室,全員にMacBookが貸与されるんですよ.
もちろん貸与ですので,卒業生のを新入生にって感じです.
僕が貰ったのはAirでもProでもない白いちょっと古いやつです(00年台?).
貰うときに,先生に「君のパソコン早いですか?」と聞かれたので
「CPUはポンコツですけどSSDです」と伝えたら
「じゃSSDに変えますね.あとメモリも増やします」と言ったかと思うと,
ノーパの裏を開けてHDDを外してSSDを初期化する台にセットしてメモリを変えて……
僕にはできない作業を先生は世間話をしながらしていくではありませんか.
「先生すごいですね.僕やったことないんで」とつぶやくと
「『工学部なのにできないんですか?』って世間の人に笑われちゃいますよ」とイジられました.
なんか,軽く電流走りましたね.そりゃそうだ.
所属は工学部.しかもここは電子材料化学研究室.
知らない人が聞けば,パソコンくらいいじれないと逆におかしいと思われちゃいます.
なので最近,パソコン関係に興味が湧いてきました.
今はVBAとRaspberry Piが気になってます.
この道には全く明るくないので,素っ頓狂なものに興味持っちゃってるかもですけど.
友達にすごく頭のいい子がいて,その子がプログラミングできるんですよね.
Raspberry Piはその子が最近気になってるようで記憶に残ってました.
その子有機系でバリバリ系の研究室行ったんで日曜しか空いてないんですけど,
その子がいいって言ってくれたら教えてもらいたいなぁ.

・高級感のあるボールペンに満悦
これから学会とかに出ることが多くなるでしょう.
文具大好きかずのことしては,いいボールペンが欲しくなるところです.
いいボールペンと聞くと5000円とか10000円とかしそうですよね?
ですが,かずのこが買ったのは1500円のボールペン.
そんな値段でいいんですか? イイんです!
大切なのは「見た目」「機能」「書き味」「特別感」です.
これらを併せ持つボールペンがあるんです.
それがこちら,ピュアモルト4&1
落ち着いた光を放つマットブラック.
4色ボールペンとシャープペンと消しゴムが1つに.
インクはあのジェットストリーム.
さらに,グリップ部はウィスキー樽の素材を利用.
いいですよ,これ.男女問わず誰にでもオススメできます.
食べ放題1回分.みなさんも購入してみては?

最近はこんな感じです.結構長くなりましたね.
最近僕は0.5の紺サラとピュアモルトで過ごしてます.
こだわり抜いた道具はいいですね.
(紺サラはぽんたろうの真似ですが.)
長くなっちゃいましたね.
ではでは.

スポンサーサイト

PageTop

金ペン(二重の意味で)

どうも,梅雨がなくて今が何月なのかわからなくなるかずのこです.

信大繊維学部の編入試験が終了したようですね.
受験した皆さんお疲れ様でした.
そして合格した皆さん,おめでとうございます.
まずはひと段落ですね.
しかし油断してはいけませんよ?
進学するということはマンホールの後輩になるということですからね!
今からでも遅くはないのでCODの勉強をちゃんとしておきましょう.

最近はまた色々ありました.

まずはバイト
僕はコンビニの夜勤で働けることになりました.
北海道はあまり時給が高くないので,時間のない理系にとって夜勤は貴重な収入源です.
塾講師や家庭教師も時給が高いですが,それで1週間1万稼ごうとなると少し大変かもしれません.
やっと収入源ができてホッとしました.

それから,我が相棒が復活しました.
この前札幌市内にある大型文具店でペンクリニックが行われました.
ペンクリニック.クリニックの対象はただのペンではなく,
Fountain Pen
つまり万年筆なのです.
以前受験用ペンとして紺のSARASAをオススメしましたが,
僕の勉強用のペンは万年筆でした.
父親が,もう使わないから,と言って僕にくれたものです.
編入受験を期にメインを万年筆にして戦っていたのですが,ある時不注意で落としてしまい,ペン先が曲がって使えなくなっていました.
父親がくれた万年筆は型が古く,しかもmontblancという高級ブランドだったので修理できずにいました.
先日開かれたペンクリニックはプラチナ万年筆の技術者さんでしたが,他のメーカーでも無料で診てくれると聞き,授業が終わってすぐに自転車をこいで向かいました.
技術者さんに万年筆を渡すと,超音波洗浄機やヤスリに木槌,他にも何に使うのかわからない道具を駆使して使える状態まで直してくれました.
そして今はまたこの万年筆で授業を受けています.
正直,感動で泣きそうでした.

皆さんに万年筆をオススメすることはできません.
オススメしたい気持ちでいっぱいなんですが,いかんせん高い.
本当に安いものなら200円からありますが,万年筆の旨みを感じられるレベルの製品だと1000円のkakunoあたりからになります.
更に言うと,僕が本当にお勧めしたいのはペン先が金でできているものですので,10000円は覚悟しないといけません.
さすがにそんな大金僕でも用意できませんし,その金があるなら問題集を買った方が有意義です.
ただ,万年筆は筆記時に要するエネルギーがボールペンやシャープペンに比べて段違いに小さく,正しい使い方をすれば長時間筆記しても疲れません.
もし手書きの方が頭に入る,大人になっても手書きで書き物をしていく,手を動かすのが好き,という方がいるならお金を貯めて購入するのもいいかもしれません.

万年筆の話はまたいつかちゃんとしたいと思っていますので,今回はこの辺で.
ではでは

PageTop

54円で何を買う

どうも、風呂上りに絶対に寝てしまうかずのこです。

前に「SARASAおすすめ!」と豪語していた僕ですが、
別にSARASA至上主義でもなんでもありません。
あれは受験勉強に限った話です。

最強なんて存在しません。
そんなものがあればとうの昔にそれ1本に集約しています。
え? お前にそんなことを語る資格があるのかって?
特にありません。無敵です。

用途に合わせて最適なものを選ぶことが大切なのです。

今回はSARASAの対抗馬を引っ提げて参りました。
その名もsigno RT1
比較的新しいペンです。
JETSTREAM等で有名なuniから出ました。

なぜこいつがSARASAの対抗馬なのかって?
フフフ……単純にインクで選びました。
どちらも水性顔料系ゲルインク
サラサラした書き味と乾いた後の耐水性(と対溶媒性)が特徴です。
他にはpilotのJuiceもありますが、
ちょっとコンセプトが違う気がしたので今回はパス。
signo RT1とSARASA CLIPのタイマンです。

まぁ、とやかく言うより写真でどうぞ。

signo RT1 vs. SARASA CLIP 

あ、字が汚いとかはなしの方向でお願いします。

写真だと違いがよくわからないかもしれませんね。
僕はよくゴールドブレンドを飲むので一目瞭然ですが。


どちらもブルーブラックの0.5です。
signoの方がブルーブラックって感じですね。
SARASAはどちらかというとブルーブラックな印象。

持った感じは似たようなものです。
とりあえずラバーグリップ。
プラそのままよりは疲れないってだけですね。
ただsignoの方がペン先までグリップがあるので、
ペンの先の方を持って書く人には嬉しいですね。

書き味には少し違いがあります。
signoはヌラヌラとサラサラの間。
SARASAはサラサラとカリカリの間。
本当に、インクで書くかボールで書くかって感じですね。
このあたりはインクフローが関係しているんでしょう。
僕たちに親しみのある言葉でいうと
粘度とか動粘度の違いですかね。
それゆえか、同じボール径なのに筆記線の幅が微妙に違います。
signoの方が気持ち太目ですね。
インクが出やすいが故の書き味と太さなのでしょう。

他にも色々あると思いますが、主な感想はこんなところです。

あ、あと値段が違います。
signo RT1は162円で、
SARASA CLIPは108円です。
意外と一番大きな違いかもしれませんね。

signo RT1は「才色兼備」。
SARASA CLIPは「質実剛健」。
一言で表すならそんな感じです。

blueblack pens 

僕はsignoをノートなどの普段使い、
SARASAを実験ノートなどの仕事系に使うつもりです。
ではでは。

PageTop

いや、僕ら弘法大師じゃないし……

どうも、金欠でレンタル我慢のかずのこです。

参考書の記事が出揃いましたね。
ありがとう、ぽんたろう。

編入ブログとしてはもう十分でしょう。
残すは
「北大体験談-試される大地、試されるかずのこ-」
のみ……


なわけないだろ


俺はもっとニッチでコアなマイノリティを攻めるぜ!

ウケなくていいんですか? いいんです!


……今回は文房具のお話です。

編入の勉強において大切なのは、
やる気」と「時間」です。
適切な文房具を選べば
「やる気」を維持し、「時間」を節約できます。

受験関連の記事では、
「ボールペンは達成感があっていい」
「シャープペンシルはグリップが柔らかいものがいい」
「ルーズリーフより束ノートがいい」
と言われています。

基本的には賛成ですが、
この記事ではさらに突っ込んだ話を。


サラサクリップとキャンパスノートを使おう!

え、拍子抜け? 思ったより普通?
いえいえ、「文房具大好き理系男子」なりの理由をお聞きください。

1. 終わりがある
ボールペンや束ノートには「終わり」があります。
勉強のリフレッシュとなり、
使い切ったという達成感へとつながります。

2. 定番
定番に慣れてください。
文房具コーナーならほぼ置いています。
(というか逆で、どこにでも売っているものを定番といいます)
わざわざ遠くに買いに行かないでください。
文房具売り場やネットを見てしまうと、
いろいろあって悩んでしまいます。
定番は高専の購買やコンビニでも売ってます。
何かのついでに文房具を買って、
悩む時間を節約しましょう。
 

この条件を満たすノートはキャンパスくらいです。
ボールペンはサラサ以外にもジェットストリームがあります。
正直好みで選んでくれて構いませんが、
僕はサラサを推します。
サラサの方がインクの減りが早く、
より多くの達成感が得られます。
またサラサはメーカーのサイトで 筆記距離わかります。
受験終了後に「何m分の文字を書いたか」を計算すると、自信につながります。

ちなみに、このブログの書き手は4人ともサラサの0.5を使っていて、
ぽんたろうと僕はずっとブルーブラック一筋です。(今では全員ブルーブラック)
ブルーブラックはどこにでも売っているわけではないのでお勧めしませんが、
なら定番なのでお勧めします。

騙されたと思ってサラサとキャンパスを使ってみてください。
ではでは。

ゼブラ サラサクリップ0.5 黒 (10本入) B-JJ15-BKゼブラ サラサクリップ0.5 黒 (10本入) B-JJ15-BK
()
ゼブラ

商品詳細を見る

KOKUYO ノ-3BN10 キャンパスノート6号(セミB5)B罫30枚10冊組KOKUYO ノ-3BN10 キャンパスノート6号(セミB5)B罫30枚10冊組
(2000/11/01)
コクヨ

商品詳細を見る

三菱鉛筆 ボールペン ユニ ジェットストリーム H.SX150055P24 黒 5本パック三菱鉛筆 ボールペン ユニ ジェットストリーム H.SX150055P24 黒 5本パック
()
三菱鉛筆

商品詳細を見る


ゼブラ サラサクリップ0.5mm ブルーブラック10本ゼブラ サラサクリップ0.5mm ブルーブラック10本
()
ゼブラ

商品詳細を見る

PageTop